ロボットアニメとヒロイン『ラーゼフォン』美嶋玲香 『魔神英雄伝ワタル』忍部ヒミコ 『勇者王ガオガイガー』卯都木命

520acxRSuE
次のロボットアニメと
その作品に登場するヒロインの
正しい組み合わせを選びなさい
ラーゼフォン───美嶋玲香 みしまれいか
魔神英雄伝ワタル───忍部ヒミコ しのびべひみこ
勇者王ガオガイガー───卯都木命 うつぎみこと

『ラーゼフォン』(RahXephon)は、ラーゼフォン製作委員会とフジテレビの製作によるロボット・SF・ラブストーリーTVアニメ。全26話。2002年1月21日から2002年9月10日までフジテレビで放送された。
2003年には『ラーゼフォン 多元変奏曲』として劇場映画化されている(以下、劇場版と表記)。
>2013年2月に全世界は消滅し東京だけが奇跡的に生き残った。都内に住む人々はそう教えられ疑わずに暮らしていた。
2015年7月4日の朝、東京の高校生神名綾人(かみな あやと)は地下鉄で模試会場へ向かう途中、脱線事故に遭う。地上に出ると防衛軍と謎の戦闘機部隊(実は東京外部から飛来した地球連合軍)とが激しい戦闘を始めていた。綾人が避難先を探していると、同級生の美嶋玲香(みしま れいか)が現れる。一方東京の政府(MU東京総督府)のエージェントと外部から潜入した女性工作員紫東遥(しとう はるか)は、それぞれ綾人の身柄を確保しようと迫る。綾人は辛うじて両者から逃げきり、玲香の後を追って東京湾地下の世音神殿(ぜふぉんしんでん)にたどり着く。綾人は神殿の巨大な卵型の神体を見たとたん苦しみはじめ倒れてしまう。玲香は歌い始める。綾人は誰かの「目覚めて」という声を聞く。朦朧とした意識の中で綾人がその名とつぶやくと卵は割れ、中から有翼の神像ラーゼフォンが立ち上がった。
ラーゼフォン – Wikipedia

『魔神英雄伝ワタル』(マシンえいゆうでんワタル)は、1988年4月15日から1989年3月31日まで日本テレビ系の毎週金曜日17時00分から17時30分の時間帯で放送。サンライズ制作による日本のテレビアニメ。全45話。
>小学4年生の戦部ワタルは、龍神池と呼ばれる池から現れた守護龍に「神部界」という神々の世界へと連れて行かれる。その中心に存在する神々の山「創界山」に突如現れた隠れもなき支配者、悪の帝王「ドアクダー」が神々と創界山を支配していた。本物の「魔神」となった龍神丸と共に、創界山の象徴である七つの虹を取り戻すため、ドアクダー退治へと旅立つ。
魔神英雄伝ワタル – Wikipedia

 ――異世界から「ワタル」という名の勇者が現れ、世界の危機を救うという言い伝えられた創界山の英雄伝説により、ワタルは救世主として創界山を救う使命を負うことになり、粘土から巨大な魔神となった龍神丸、天真爛漫な忍部一族の13代目御頭・忍部ヒミコ、そして旅の途中で凄腕の剣豪・剣部シバラクと出会い、さらに鳥の姿をした青年、渡部クラマを仲間に加えてドアクダー討伐の旅に出る。
TOP|魔神英雄伝ワタル

『勇者王ガオガイガー』(ゆうしゃおうガオガイガー、The King of Braves GaoGaiGar)は、1997年(平成9年)2月1日から1998年(平成10年)1月31日まで名古屋テレビ・テレビ朝日系列で土曜 17:00 – 17:30[1]に全49話が放送された、名古屋テレビ・サンライズ制作のSFロボットアニメ作品。『勇者シリーズ』の第8作でもあり、『無敵超人ザンボット3』より続いた名古屋テレビ制作および土曜17時台で放送された最後のサンライズで制作されたロボットアニメであり、関連作を除くシリーズ最初で最後のステレオ放送でもある。
>物語の基本原型は古典文学である「竹取物語」。
勇者王ガオガイガー – Wikipedia

卯都木 命(うつぎ みこと)
ガイがサイボーグになるキッカケとなったEI-01の地球落下のその日、首都近郊に落下した衝撃で首都は火の海と化してしまった。命はその時、家族と就寝中だったことが災いして、両親を同時に失ってしまう。恋人のガイさえ失いかけ悲嘆にくれていた命だったが、ガイがサイボーグ体で復活すると同時に立ち直ってGGGに入隊。以後、オペレーターとしてガイのサポートを熱心に務めることとなる。
勇者王ガオガイガー