『OVERMAN キングゲイナー』特殊能力 ラッシュロッド「時間停止」ドミネーター「変形」メックスブルート「幻影」ブリュンヒルデ「重力」ブラックメール「透明」デスネッタ「不安」

029xWWMYHo
次のアニメ『OVERMAN
キングゲイナー』に登場する
オーバーマンと特殊能力の
正しい組み合わせを選びなさい
ラッシュロッド───時間を止める
ドミネーター───変形
メックスブルート───幻影を作り出す
ブリュンヒルデ───重力を操る
ブラックメール───透明化
デスネッタ───人を不安にさせる

『OVERMANキングゲイナー』(オーバーマンキングゲイナー)は、2002年9月7日から2003年3月22日までWOWOW(有料枠)で放送されたロボットアニメ。サンライズ製作。全26話。
>富野自身が務めることが多かったストーリー構成を若い脚本家の大河内一楼に任せ[1]ながらも、大河内が「人間地雷」[2]を主軸にした人が死ぬ話を提案したところ「もう悲惨な話はいいよ」と諭す[3]など、自ら始めたシリアスな作風のロボットアニメとは異なる明るく楽しいエンターテイメント作品を目指している。
>また、作中のロボット、オーバーマンの特殊能力を「盗み取る」「幻を作る」「人びとの本音を露にして争いに至らしめる」といった捻りのあるものとすることで、戦いの場面を単なる力と力のぶつかり合いから展開を愉しませ得るものに発展させている。
OVERMANキングゲイナー – Wikipedia