バルトロメオ・「クリストフォリ」 ピアノを発明したイタリア人 メディチ家に仕える 「ソステヌートペダル」指定音を伸ばすペダル シューマン『ピアノ協奏曲イ短調54番』ウルトラセブン最終回 「山下洋輔」肘で鍵盤

0172RqHgbtDQrp
楽器のピアノを発明した
イタリア人の名前は
バルトロメオ・◯◯◯◯◯◯◯?
◯を答えなさい
クリストフォリ(答)
Bartolomeo Cristofori

024slCRfRPHKI
楽器のピアノを発明した
イタリアの人物です
クリストフォリ(答)

CIMG7687TGi5XtY0gTIA
グランドピアノの真ん中にある
ペダルを踏んだ時に押さえていた
鍵盤の音だけを伸ばし続ける
ペダルは◯◯◯◯◯◯ペダル
ソヌテトース
ソステヌート(答)


ピアノについている3本のペダル、一番右側についているのは?
ダンパーペダル(答)

ですが、いちばん左側についているのは?
ソフトペダル(答)

CIMG3019
タレントのタモリを発掘した
ジャズピアニストで、ひじで
鍵盤を鳴らす独特の奏法で
知られるのは?
中村洋助
菊下雅一
山地誠章
山下洋輔(答)

CIMG2876
特撮番組『ウルトラセブン』の
最終回で印象的に使われた
『ピアノ協奏曲イ短調54番』を
作曲した音楽家は?
ハイドン
モーツァルト
シューマン(答)
ショパン

バルトロメオ・クリストフォリ・ディ・フランチェスコ(Bartolomeo Cristofori di Francesco, 1655年5月4日パドヴァ – 1731年1月27日フィレンツェ)は、イタリアの楽器製作家であり、ピアノ技術者。フィレンツェのメディチ家に仕え、ピアノを発明した人物として知られる。
>ピアノの登場[編集]
クリストフォリが1698年にはピアノの製作にとりかかっていたことを示す記述が、メディチ家の宮廷音楽家、フランチェスコ・マヌッチの日記に見えるという説が一時期語られていたが、現在ではこの史料の信憑性は疑われている(詳しくは Pollens 及び O’Brian を参照)。信頼できる最古の記録は、前述の1700年のメディチ家の目録となる。目録中、クリストフォリのピアノに関する項目は次のように始まっている。
“ Un Arpicembalo di Bartolomeo Cristofori di nuova inventione, ch fa’ il piano, e il forte, a’ due registri principali unisoni, con fond di cipresso senza rosa… (強調引用者、「1台のバルトロメオ・クリストフォリによるアルピチェンバロ、新規発明による、優しく、また大きく響くもの、ユニゾンに調律した2レジスター、ローズ無しの杉板の響板……」) ”
「アルピチェンバロ」という語は、文字通りには「ハープ・チェンバロ」の意となり、当時広く用いられていた語ではなかった。エドワード・グッドは、この「アルピチェンバロ」こそがクリストフォリが自分の楽器に与えた名前であったとしている。しかし、年月とともに、引用部太字部分が省略されて、現在用いられる「ピアノ」という語になっていった。
バルトロメオ・クリストフォリ – Wikipedia