東山紀之主演のグルメマンガ『ザ・シェフ』「漫画ゴラク」連載・ニヒルな主人味沢匠 『喰いタン』「イブニング」連載・探偵高野聖也

021RcxsYCxujj
料理漫画
東山紀之の主演でTVドラマ化
「漫画ゴラク」に連載
ニヒルな天才料理人が主人公
『大使閣下の料理人』
『バンビ~ノ!』
『ザ・シェフ』(答)
『味いちもんめ』
『喰いタン』

実戦では『喰いタン』が選択肢にあり、東山紀之のヒントでダイブし全員死亡した問題です。


料理漫画
東山紀之の主演でTVドラマ化
「イブニング」に連載
主人公は探偵・高野聖也
『喰いタン』(答)

pZlLNIVXAY
“流しの天才シェフ”味沢 匠が究極のフランス料理を絡めて描いた、さまざまな人間模様の数々…
日本文芸社 | ザ・シェフ (1)/剣名 舞 原作/加藤 唯史 画

JLPXxZlvPB
探偵×料理=“喰いタン”。被害者宅の冷蔵庫をあさり、殺人現場の寿司を喰う。喰って推理し、さらに喰う。頭脳明晰にして、大食漢、型破り喰い道楽(グルマン)探偵・高野聖也(たかのせいや)の華麗な推理! これは知力と胃袋の限界が試される――寺沢大介からの挑戦状だ!! これを読まずして、食と推理を語ることなかれ!
『喰いタン(1)』(寺沢大介):イブニングKC|講談社コミックプラス

『ザ・シェフ』は、剣名舞原作・加藤唯史作画による日本の漫画作品、およびそれを原作としたテレビドラマ作品である。
本項では続編の『ザ・シェフ-新章』『ザ・シェフ・ファイナル』についても記す。
>法外な報酬を受け取る、臨時雇い専門のニヒルな天才シェフ・味沢 匠(あじさわ たくみ)を主人公とする料理漫画である。また、本質はヒューマンドラマであり料理を通した人間模様を追求した内容となっている。
>テレビドラマ[編集]
1995年10月21日から12月16日まで、日本テレビ系でテレビドラマ化された。東山紀之主演。全9話。
設定やストーリーはテレビドラマ独自のものへ変更されている。「料理界のSFドラマ」と名乗り、常識外れな展開となっていた。
ザ・シェフ – Wikipedia

『喰いタン』(くいたん)は、2006年1月14日から3月11日まで毎週土曜日21:00 – 21:54に、日本テレビ系の「土曜ドラマ」枠で放送された日本のテレビドラマ。寺沢大介の漫画『喰いタン』が原作。主演は東山紀之。
2006年には東山の誕生日(9月30日)に『喰いタン スペシャル in 香港』がスペシャルとして放送された。本編内で、『喰いタン2』の2007年放送が発表された。
喰いタン (テレビドラマ) – Wikipedia

『大使閣下の料理人』(たいしかっかのりょうりにん。近代文藝社刊)は、西村満が著した、自身の日本大使公邸料理人としての体験をもとにしたエッセイ。漫画版『大使閣下の料理人』は、原作:西村ミツル(西村満の筆名)、作画:かわすみひろしによる作品。『モーニング』(講談社)にて、1998年から2006年にかけて連載された。単行本全25巻、文庫版全13巻。累計発行部数は2014年11月時点で190万部を突破している[1]。平成14年度(2002年度、第6回)文化庁メディア芸術祭マンガ部門の優秀賞受賞作品。
大使閣下の料理人 – Wikipedia

『バンビ〜ノ!』は、せきやてつじによる日本の料理漫画、またそれを原作とした連続テレビドラマ。『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて、2005年(平成17年)2号から連載を開始し、第1部として2009年(平成21年)13号まで連載された。その後、同年19号から2013年(平成25年)3号まで第2部『バンビ〜ノ!SECONDO』が連載された。単行本は小学館ビッグコミックスから第1部が全15巻、第2部が全13巻で刊行されている。
タイトルの「バンビーノ」は、イタリア語で男の子(単数形)の意味である。
第53回(平成19年度)小学館漫画賞一般向け部門を受賞した。
バンビ〜ノ! – Wikipedia

『味いちもんめ』(あじいちもんめ)は、原作:あべ善太、作画:倉田よしみによる日本の漫画作品。板前と料亭を題材にした料理・グルメ漫画。1995年にはテレビ朝日系列でテレビドラマ化もされた。
味いちもんめ – Wikipedia