『ソニックジェネレーションズ』「白の時空」PS3・XBOX360 「青の冒険」3DS

081xvkGfMOPlu
「ソニック」シリーズ20周年を
記念して、2011年にPS3などで
発売されたゲームは『ソニック
ジェネレーションズ◯◯◯◯』?
赤の真間
白い中子
黒き時険
白の時空(答)
『ソニックジェネレーションズ白の時空』

ソニックが青と白のカラーなので、青と白は確定。ゲーム画面から時空を冒険するイメージを想起して、青と白と時空と冒険の単語をつなげていきましょう。


「ソニック」シリーズ20周年を
記念して、2011年に3DSで
発売されたゲームは『ソニック
ジェネレーションズ○○○○』?
青の冒険(答)
『ソニックジェネレーションズ青の冒険』

『ソニック ジェネレーションズ』 はセガより発売されたアクションゲーム。ソニック20周年を記念して制作された。2タイトル発表されており、PlayStation 3・Xbox 360版には白の時空(しろのじくう)、ニンテンドー3DS版には青の冒険(あおのぼうけん)というサブタイトルが付けられている。
>ソニック生誕20周年を記念して制作・発表された作品。メガドライブ時代のクラシックソニックと、『ソニックアドベンチャー』以降から本作に到るまでに定着しているモダンソニックが共演するという、プロデューサーの飯塚曰く「本来ならばタブーだった」内容が20周年の記念として実現した[1]。
白の時空ではクラシックソニックは完全な2Dアクションとなっており、モダンソニックは『ソニック ワールドアドベンチャー』以降採用されている2Dと3Dを併合したアクションゲームとなる。映像は両者ともに3Dで描かれ、3Dテレビによる立体視映像にも対応している[1]。
青の冒険では、クラシックソニックのシステムや操作、両者ともに3Dで描かれているという点は、白の時空のものとほぼ変わらない。モダンソニックは『ソニック ラッシュシリーズ』や『DS版ソニックカラーズ』を彷彿させるような2Dのステージ構成になっているが、3DSの最大の特徴である立体視を生かした3Dの演出が随所に散りばめられている。その他、インターネット通信での対戦や、すれちがい通信にも対応している[2]。また、両作品共にクラシックソニックは『ソニック・ザ・ヘッジホッグ4』同様、効果音が当時のものになっている。
ソニック ジェネレーションズ – Wikipedia