『少年リーダム』西村繁男『わが青春の少年ジャンプ』原作・作画次原隆二 茨木政彦『ついでにとんちんかん』にも登場したジャンプ元編集長 角南攻『トイレット博士』に登場した元編集長 「攻く」みがく

098RBfVSRZJkw
西村繁男が著した『さらば、
わが青春の少年ジャンプ』を
原作とした、次原隆二の
漫画は『少年◯◯◯◯』?
ロリダジヒ
ーンムマガ
リーダム(答)
『少年リーダム』

「リーダム」の由来は何かが気になりました。「フリーダム」から?『ジャンプ』歴代編集長を復習しましょう。角南攻から「攻く」も。


自動車整備士の免許を持つ漫画家で、代表作『よろしく!メカドック』で知られるのは?
次原隆二(答)
つぎはらりゅうじ

CIMG6004RQPalvTaJpuL
「週刊少年ジャンプ」の元編集長
「ジャンプスクエア」を創刊
『シェイプアップ乱』に登場
『ついでにとんちんかん』に登場
高橋俊昌 たかはしとしまさ
佐々木尚 ささきひさし
茨木政彦(答)いばらきまさひこ
後藤広喜 ごとうひろき

004DDxycRkIkQ
「週刊少年ジャンプ」の元編集長
2009年に白泉社の常務取締役に
「ヤングジャンプ」初代編集長
『トイレット博士』に登場
堀内丸恵 ほりうちまるえ
中野和雄 なかのかずお
椛島良介 かばしまりょうすけ?
角南攻(答)すなみおさむ

CIMG5866
技術の向上をはかると
いう意味です
攻く
みがく(答)

sIqCdGAloR
西村繁男 / 著 
最高発行部数六百五十三万部。「ジャンプ」神話はいかにつくられ、崩れていったか。創刊以来、三十年の歴史と人間模様を、最も「ジャンプ」を愛した男が描いた第一級のノンフィクション。
さらば、わが青春の『少年ジャンプ』 | 株式会社 幻冬舎

作品紹介(あらすじ)

1980年代前半、最もマンガが熱かった時代。ラブコメ人気に火がつき、馳純平の配属先で編集している熱血路線の少年誌『少年リーダム』はライバル誌に部数で押され始めていた。編集部内の方針で意見が割れる中、純平の編集部員としての波乱の日々が始まる!
困難を打破し、後に最高部数653万部を売り上げた怪物誌が誕生するまでの舞台裏を主人公・馳純平の目線を通して描いた、リアルフィクションの最高峰!
少年リーダム 〜友情・努力・勝利の詩〜: 感想(評価/レビュー)[漫画]

 元「週刊少年ジャンプ」編集長・西村繁男の名著『さらば、わが青春の「少年ジャンプ」』を原案にした「週刊コミックバンチ」連載マンガの単行本第1巻。ランブコメブームで部数をのばしていた「少年ザンデー」に危機を感じる週刊少年誌発行部数1位の「少年ジャンプ」とおぼしき「少年リーダム」誌に、1982年に配属される新人編集者が主人公。実在をモデルにした人物が、西村の他にも初代編集長・長野、本宮ひろ志などが登場。連載マンガも、知っている人なら微妙に元のマンガを思わせる作品から作者が連想できる。が、やはりそこはジャンプ的熱血を受け継いだフィクションなので、異様に熱い(暑苦しい?)誇張場面(多分)が多く、資料的にはもちろんそのまま使えない。が、こちらが知っている情報が出てくると、あ、このへんは取材をもとにしてるなと思う。
西村繁男原案、次原隆二『少年リーダム』(新潮社)1巻:夏目房之介の「で?」:オルタナティブ・ブログ