『マブラヴ』360でも発売された恋愛AVG 「ヴ」福沢諭吉が考案

014AOWeYBhuDI
2011年にXbox360版が発売された
恋愛アドベンチャーゲーム
マブラヴ(答)
Muv-Luv

「ブ」と「ヴ」どちらが先かで迷います。
「眩い」「ラヴ」でいいのかな?


任天堂から発売されているシミュレーションゲームで「聖戦の系譜」「烈火の剣」などが発売されたシリーズは?
『ファイヤーエンブレム』
『ファイアーエンブレム』
『ファイヤーエムブレム』
『ファイアーエムブレム』(答)

◯×
V音を表すのに始めて「ヴ」を用いたのは大隈重信である
×(答)
◯福沢諭吉

そこでこの記事では、『photonmelodies』の魅力を紹介する前に、2014年で11周年を迎えた『マブラヴ』シリーズの軌跡と魅力を振り返っていきたいと思います! 申し遅れました、記事を担当するのは電撃オンラインの『マブラヴ』担当・ごえモンです。
>『マブラヴ』は、PCの美少女ゲームブランド・age(アージュ)の4作目として発売されたアドベンチャーゲーム。アージュのことを知らない人でも、コンシューマゲーム化やTVアニメ化、OVA化までされた『君が望む永遠(君のぞ)』の名前を知っている人は多いのではないでしょうか? 『マブラヴ』は、そんな『君のぞ』の次に発売された作品です。

 衝撃的な体験版、その後の重い展開、高いドラマ性、栗林みな実さんが歌う素晴らしい主題歌、未だにヘタレ主人公と語り継がれる鳴海孝之の存在、緑髪のヒロインが不人気とされる理由なんじゃないかとさえ思える穂村愛美さんルート……と話題に事欠かなかった『君のぞ』の次回作だけに、「『マブラヴ』はいったいどんな作品になるんだろう?」とアージュファンの私はものすごく楽しみにしてたんです。
電撃 – 今さら聞けない『マブラヴ』の基礎知識。『進撃の巨人』の作者も影響を受けた名作、その評価の理由とは?