「鳶一折紙」とびいちおりがみ 橘公司(こうし)『デート・ア・ライブ』ヒロイン 「鳶とび」「蔦つた」「嶌しま」

025EruQuoBIGB
橘公司のライトノベル『デート・
ア・ライブ』のヒロインです
鳶一折紙
とびいちおりがみ(答)

「くさかんむり」がつた、「やまかんむり」がしまと意味をたどれば良いのですが、蔦と嶌と鳶をいまだに混同しています。
「ツタ」「嶌」「とおか」つながりを復習します。

058JjhjIhnYxI
TVコメンテーターとしても
おなじみのジャーナリスト
嶌信彦
しまのぶひこ
嶌信彦 しまのぶひこ 「嶌」島・嶋の異字体 | わかればいいのに I wish I knew

CIMG2328usSMmVqifTWg
「ナツヅタ」とも呼ばれる
つる性植物、ツタは◯◯◯科の
植物? ◯を答えなさい
ブドウ(答)
「ブドウ科」


「十日」をひらがなで書き表すと
「とおか」である
◯(答)
×「とうか」


恵比寿様を祀る神社で毎年正月10日に行われる祭り
十日戎
とおかえびす(答)
「お」に注意 松坂桃李まつざかとおり 十日とおか 扇千景おおぎちかげ 現代仮名遣い? | わかればいいのに I wish I knew

『デート・ア・ライブ』(DATE A LIVE)は、橘公司による日本のライトノベル。イラストはつなこが担当。単行本はKADOKAWA 富士見書房の富士見ファンタジア文庫より発売されている。略称は「デアラ」[1]「デート」。
>謎の生命体・精霊の出現により起こる大災害・空間震が発生するようになって、約30年が経った世界。
妹と2人暮らしの高校生・五河 士道は、人間に絶望する精霊 と出会う。そして、妹・琴里から、自分が精霊と交渉して、世界と精霊両方を救うことのできる存在であることを知らされる。しかし、その方法は「精霊とデートして、デレさせる」という、とんでもないものだった。
>五河 士道(いつか しどう)
声 – 島﨑信長
本作の主人公。都立来禅高校2年生。幼い頃に親に捨てられ、五河家に引き取られた経緯を持つ。年齢が1桁の時に親を失ったため、他者の絶望に対して非常に敏感で、初対面で十香の絶望にいち早く気付いた。義理の両親は一緒に家を空けることが多いため、家事や炊事は得意。
>夜刀神 十香(やとがみ とおか)
声 – 井上麻里奈
本作のヒロインにして、もう一人の主人公。大爆発と共に士道の前に現れた精霊の少女。身長155cm。B84/W58/H83。膝まであろうかという黒髪に紫色の鎧とドレスを混同したような衣服を身に纏い、身の丈ほどもある巨大な剣を携えた絶世の美少女。
>鳶一 折紙(とびいち おりがみ)
声 – 富樫美鈴
本作のもう一人のヒロインにして、スピンオフ作品「デート・ア・ストライク」の主人公。
士道のクラスメイト。身長152cm。B75/W55/H79。白いショートカットの髪をした、無表情で士道に関すること以外は無感動な人形のような美少女。
頭脳明晰でおまけにスポーツ万能な天才少女。しかし、一方で人前で感情を表すことはあまり無く、話しかけられても無視したり、休み時間も1人で本を読んでいる。
他人の名前を呼ぶときは基本的にフルネームで呼んでいるが、士道のみ自宅に招いてからは名前で呼び合っている。
デート・ア・ライブ – Wikipedia

VvZDPlLwmo
富士見書房 | デート・ア・ライブ