「鷲宮神社」埼玉県久喜市鷲宮1丁目の神社『らき☆すた』鷹宮神社のモデル 能ある「鷹」 「鷹と鷲」「蝶と蛾」「フクロウとミミズク」明確な違いはない

067ISoXPeQdnD
TVアニメ『らき☆すた』に
登場する鷹宮神社のモデルと
なった鷲宮神社がある
都道府県はどこ?
(画像出題)
埼玉県をタッチ

「鷹」宮と「鷲」宮つながりもどうぞ。
下の◯×、最初なんで間違っているのか全然わからなったのです。
単純に漢字が違うだけという・・・
鷹と鷲、蝶と蛾、フクロウとミミズクに生物学的明確な違いはないようです。

CIMG8009HJexBcJgqucp
実力のある者は、むやみに
人前で自慢したりしないことを
「能ある鷲は爪を隠す」という
×(答)
○鷹

◯×
生物学的には蝶と蛾の明確な区別はない
◯(答)

『らき☆すた』は、美水かがみによる日本のストーリー4コマ漫画作品、およびそれを原作としたゲーム、アニメ、小説作品。KADOKAWA(角川書店ブランドカンパニー)の月刊ゲーム雑誌『コンプティーク』において2004年1月号より連載されているほか、『コンプエース』など数誌で掲載されている(掲載誌参照)。
>鷹宮神社(たかのみやじんじゃ)[7]
柊姉妹の父が宮司を務める神社で、柊家はこの境内に居住する。家の電話機は古い黒電話で電電公社の600形電話機である。
アニメ版でのモデルは埼玉県久喜市(旧北葛飾郡鷲宮町)にある鷲宮神社。こちらの最寄り駅は東武鉄道伊勢崎線鷲宮駅下車5分程度。
埼玉新聞での掲載4コマなどでは鷲宮神社がそのまま登場しているが、あくまでもモデルとしてである。
>聖地巡礼と地元での町おこしイベント[編集]
アニメ雑誌『月刊ニュータイプ』2007年8月号の付録「『らき☆すた』的遠足のしおり」にて、埼玉県北葛飾郡鷲宮町(現在は久喜市に合併)の鷲宮神社を始めとした、いくつかの場所が本作の舞台の1つであると紹介されたことをきっかけに、ファンが聖地巡礼と称して登場した場所を訪れるようになった。
らき☆すた – Wikipedia

鷹(たか)とは、タカ目タカ科に属する鳥のうち比較的小さ目のものを指す通称で、鳥類の一種である。 オオタカ、ハイタカ、クマタカなどの種がいる。タカ科に分類される種にて比較的大きいものをワシ(鷲,Eagle)、小さめのものをタカ(鷹, Hawk)と呼び分けているが、明確な区別ではなく慣習に従って呼び分けているに過ぎない。また大きさからも明確に分けられているわけでもない。例えばクマタカはタカ科の中でも大型の種であり大きさからはワシ類といえるし、カンムリワシは大きさはノスリ程度であるからタカ類といってもおかしくない。
鷹 – Wikipedia

Q1:蝶と蛾の違いは?

A1:生物分類学上では特に違いはありません。昆虫(=胸脚が3対の節足動物)の中の鱗翅目 (Lepidoptera)に含まれる動物で、昼間の環境に特化して飛翔力の鋭敏な一群を蝶(Rhopalocera)と呼び、 それ以外のものを蛾(Heterocera)と呼んでいます。日本語や英語では、蝶(butterfly)と蛾(moth)と 区別していますが、区別していない言語もあります。成虫の形態であえて区別点を挙げるとすると、 触角が異なっています。蝶の触角は棍棒状で、蛾の触角は糸状・櫛状・羽毛状など様々なものがあります。 因みに学名の Rhopalocera は、棍棒状(Rhopalo-)の角(cera)を意味し、 Heterocera はそれ以外(Hetero-)の角(cera)を意味しています。(M)
日本蛾類学会(Q&A)