恋愛SLG『ときめきメモリアル』『アマガミ』『卒業』 「加藤茶」本名「加藤英文(ひでゆき)」「仲本工事」「仲本興起(こうき)」「志村けん」「志村康徳(やすのり)」

010aQVPROwBmc
次のうち、恋愛シミュレーション
ゲームを1つ選びなさい
ときめきメモリアル(答)
マール王国の人形姫 ミュージカルRPG
プリンセスクラウン RPG
神楽少女探偵団 AVG「御神楽少女探偵団」の誤植?
アマガミ(答)
うみねこのなく頃に サウンドノベル
卒業(答)
鏡の国のレジェンド AVG「のりピー」アイドルゲーム

「卒業」はWikipediaでは「育成」シミュレーションですが、実機で上記「恋愛シミュレーション」を確認しました。
「卒業」のキャラ名のネタ元が「ドリフ」だそうです。

094MxaXnzmzuP
ザ・ドリフターズのメンバー
志村けんの本名は志村康徳ですが
仲本工事の本名は仲本◯◯?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
こうき(答)
仲本興喜

加藤茶の本名は加藤◯◯?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
ひでゆき
加藤英文(答)

CIMG2990
『ときめきメモリアル2』
テニス部に所属
「グレィちゃん」が好き
なぜかいつこ不幸な目にあう
(画像選択肢)
A寿美幸(答) テニス部
B白鳥美帆 演劇部
C水無月琴子 茶道部 
D赤井ほむら 生徒会

『ときめきメモリアル』は、1994年5月27日に、コナミからPCエンジンSUPER CD-ROM²向けに発売された、恋愛シミュレーションゲーム。なお、2006年3月31日の持株会社化に伴い、版権はコナミデジタルエンタテインメントに移っている。
略称は、一般的に「ときメモ」として知られているが、コナミの公式な略称は「ときめき」とされている。これは当初「ときめき」を正式タイトルにする方向だったことから来ており、商標が取得できなかったため、改題された。ただ、『ONLINE』のCMなどでは公式でも「ときメモ」の略称が用いられることもある。キャラクターデザインは、小倉雅史(中国語版)(こくら雅史)。
引用元: ときめきメモリアル – Wikipedia.

『アマガミ』とは、2009年3月19日にエンターブレインより発売されたPS2用恋愛シミュレーションゲームである。
>毎週月曜日に音泉にてインターネットラジオ『良子と佳奈のアマガミ カミングスウィート!』が2009年9月から2012年9月まで配信された。

同ゲームスタッフの前作『キミキス』と同じ世界観であるものの時代設定は7~8年前となっている。
そのため携帯電話が普及していなかったり、言葉の言い回し等で古臭く感じるところが多々ある。
引用元: アマガミとは (アマガミとは) [単語記事] – ニコニコ大百科.

『卒業 〜Graduation〜』(そつぎょう グラデュエーション)は、1992年6月にジャパンホームビデオより発売されたPC-9800シリーズ対応の育成シミュレーションゲーム。プレイヤーは新任の教師である主人公となり、名門・清華女子高等学校の3年B組に結集した5人のそれぞれに個性的な問題児を指導し、一流大学合格を目指していく。3学期終了時点のパラメータによっては社会人になったり主人公と結婚するなど別の道を歩む場合もある。
引用元: 卒業 〜Graduation〜 – Wikipedia.

 本作はもともと,前回紹介した「プリンセスメーカー」に端を発する「育成ゲーム」の一つとして1992年に産声を上げた。私立清華女子高校の教員として問題児5人の指導に当たり,無事に全員を卒業させるゲームなのだが,好評を博して当時の主要PCプラットフォームのほぼすべてに移植され,さらにコンシューマ移植版のブレイクでその地位を不動のものとした。
> 先生ことプレイヤーが指導するのは,気が強く何かと反抗的な新井聖美,タカビーなお嬢様の高城麗子,ちょっと頭の弱いミーハー娘の志村まみ,体力が取り柄の体育会系娘加藤美夏,秀才だが堅物で病弱な眼鏡っ娘の中本静という5人。歴代作品のキャラ名には元ネタがあり,卒業ではザ・ドリフターズ,IIはクレージーキャッツ,クロスワールドではやすし・きよし,バケーションではてんぷくトリオ,IIIではちょっとひねって「卒業」という歌を唄った歌手(尾崎・菊池・斉藤・松山・渡辺)となっている。
引用元: 【4Gamer.net】 - キャラクターゲーム考現学 - 週刊連載.

ザ・ドリフターズ(The Drifters)は、日本の音楽バンドおよびコントグループである。1969年頃までバンドを主活動とし、それ以降は主としてコントグループとして活動した。通称はドリフ。1970年代から1980年代中頃を全盛期に、TBS系の『8時だョ!全員集合』やフジテレビ系の『ドリフ大爆笑』などのテレビ番組で活動。現在もCM出演などで活動している。
>加藤茶[編集]
詳細は「加藤茶」を参照
(1943年3月1日 – 、本名:加藤英文、かとう ひでゆき)
1962年メンバー入り。1964年のドリフ再結成当初では最年少だった。いかりや没後、現行ドリフでは最も古いメンバー。ドラムとボケ担当。
>志村が東村山音頭でブレイクするまではメンバー内の一番人気であり、いかりやのギャグの落ちの期待を一身にかけられていた。その期間ドリフを実質的に牽引し、メジャーに押し上げた功労者でもある。グループ内ではいかりやと衝突することもあったが、メンバーの人間関係の調整役の役割を果たしていた。いかりやの葬儀の際には弔辞を読んだ。
>高木ブー[編集]
詳細は「高木ブー」を参照
(1933年3月8日 – 、本名:高木友之助、たかぎ とものすけ)
中央大学卒。1964年9月に荒井と同時にドリフ入り。自称、いかりや没後の四代目リーダー。初期ではリードギター担当。最も印象が薄いが、「ドリフの中では最も音楽性が高い」とのいかりやの評価もある。
>仲本工事[編集]
詳細は「仲本工事」を参照
(1941年7月5日 – 、本名:仲本興喜、なかもと こうき)
学習院大学卒。東京商工会議所の内定を得ていたが、高木が脱退するギタリスト小山威の後釜として仲本をいかりやに紹介し内定を蹴って1965年1月1日付でドリフ入り。初期のドリフでは、ギターとロック系ボーカル担当。ビートルズの前座で「ロング・トール・サリー」のボーカルを取ったのも彼である。
>志村けん[編集]
詳細は「志村けん」を参照
(1950年2月20日 – 、本名:志村康徳、しむら やすのり)
1968年、いかりやに直々に懇願しドリフの付き人となる。しかし、1年余りであっけなく脱走。志村の著書では、あくまで「社会勉強のための休養」となっている。その後、加藤の口添えで出戻り。加藤の付き人兼加藤家居候を経て、お笑いコンビ「マックボンボン」を結成し、日本テレビ「ぎんぎら!ボンボン!」も担当したが、人気が出ず2年余りで解散。しかし、脱退する荒井の後釜として1973年12月にドリフ見習いとなり、1974年3月9日に正式メンバーになる。
交代後2年近くはギャグが受けずスランプ状態に陥っていたが(かといって全然受けなかったわけではない)、東村山音頭で一気にブレイクして子供たちの人気を獲得し、さらに新たなネタやギャグを連発。やがてドリフ内では加藤を超える人気者になった。
>いかりや長介[編集]
詳細は「いかりや長介」を参照
(1931年11月1日 – 2004年3月20日、本名:碇矢長一、いかりや ちょういち)
ドリフの三代目リーダー。1962年にドリフのメンバーとなり、1964年より正式リーダーとなる。新生ドリフでは加藤と並んで最古参メンバーだった。ベース、ツッコミ(時にはボケ)担当。
コントでは、わざと嫌われ役汚れ役の権力者を演じ、加藤(後には志村)の仕返しというパターンで笑いを取ることが多かった。
ワンマンな一面があり、コントネタの厳格なまでの作り込みや、ギャラの配分(いわゆるワリ)をめぐってメンバーと衝突することも少なくなかったが、新生ドリフを立ち上げて以降は、そうした厳しさを含めた采配ぶりによって、メンバーを見事にまとめた。