「ファミコン」ロンチ『ドンキーコング』『ドンキーコングJR.』『ポパイ』

004WDfSyoWPaF
次のうち、日本で
ファミリーコンピュータと
同時に発売したソフトを
1つ選びなさい
ピンボール
ドンキーコング(答) 1983.7.15
ポパイ(答) 1983.7.15
五目並べ 連珠
ゴルフ
ドンキーコングJR.(答) 1983.7.15
ベースボール
ワイルドガンマン

ファミコンは子どもたちの「遊び」に変革をもたらしましたね。

ファミリーコンピュータ (Family Computer) は、昭和58年(1983年)7月15日に任天堂より発売された家庭用ゲーム機。メーカー希望小売価格は14,800円。型番はHVC-001。HVCはHome Video Computerの略である。日本国内での略称・略記はファミコン・FC。平成25年(2013年)7月15日に発売30周年を迎えた。
>ゲーム&ウオッチの事業を成功させた任天堂が、その利益を投入して開発した家庭用ゲーム機である。当時アーケードゲームで人気を博していたドンキーコングが見劣り無く家庭で遊べる程度の性能を目標に設定して開発された[2]。
>開発開始の直前にコレコ社がコレコビジョンの試作品を任天堂に持ち込んでおり、その性能に開発第二部の技術者たちは驚くとともに、今後開発すべき製品のイメージとしてコレコビジョンを据えた[4]。「ファミリーコンピュータ」の名前は上村雅之が付けた(上村が名称を妻に伝えたところ、妻は「日本人はファミコンて略すに決まってる」と言ったという)。>本体と同時発売したローンチタイトルは『ドンキーコング』、『ドンキーコングJR.』、『ポパイ』の3本であるが、ほどなくして『五目ならべ 連珠』と『麻雀』が発売され、その名の通り「家族みんなで楽しめる[7]」ラインナップが揃った。
引用元: ファミリーコンピュータ – Wikipedia.