「コロナの聖闘士」りゅうこつ座のアトラス やまねこ座のジャオウ かみのけ座のベレニケ

018svjouYnMBO
次のうち、映画『聖闘士星矢
真紅の少年伝説』に登場した
「コロナの聖闘士」を
1つ選びなさい
やまねこ座のジャオウ(答)
かみのけ座のベレニケ(答)
南十字星座のクライスト
ケフェウス星座のダイダロス
琴座のオルフェウス
楯座のヤン
矢座の魔矢
りゅうこつ座のアトラス(答)

すべて「ひらがなの星座」ですね

長編劇場版アニメ聖闘士星矢真紅の少年伝説に登場する、太陽神アベルに仕える三人の聖闘士。
太陽神の加護を受けた強力な戦士たちで、その力は黄金聖闘士をも凌駕する。

メンバー
りゅうこつ座カリナのアトラス (中央)
やまねこ座リンクスのジャオウ (左)
かみのけ座コーマのベレニケ (右)
引用元: コロナの聖闘士 (ころなのせいんと)とは【ピクシブ百科事典】.

『聖闘士星矢 真紅の少年伝説』(セイントセイヤ しんくのしょうねんでんせつ)は、1988年7月23日に公開された『聖闘士星矢』シリーズの劇場公開作品第3弾。
同時上映は『魁!!男塾』[1]。
>アテナの兄、伝説の太陽神アベルが復活。地上世界を神々の手に委ねるため、大洪水を起こして人類を粛清することを目論む。それを阻止せんとしたアテナ・城戸沙織は、逆にアベルの手により死の国へ墜とされてしまう。アテナを救うために聖域の禁断の地ディグニティヒルに乗り込む星矢たちだが、彼らの行く手を十二宮戦で死んだはずのサガたち黄金聖闘士、そして神話の時代からアベルを守るコロナの聖闘士たちが阻む。かつてない強敵を迎え、星矢たちの最大の激戦が始まる。
>コロナの聖闘士[編集]
黄金・白銀・青銅いずれの階級にも属さず、神話の時代より太陽神に仕えるべく選ばれた聖闘士。太陽の力の象徴でもある[6]。3人しかいないが、その実力は黄金聖闘士をも凌駕する。その聖衣はコロナの聖衣と呼ばれ、アテナではなく太陽神アベルから与えられたもので、アテナの聖闘士のいかなる攻撃も受け付けない防御力を誇る[1]。なお聖闘士の総数の内訳は黄金が12人、白銀が24人、青銅が48人という設定があり、階級外の端数が4人いることから、この端数中にコロナの聖闘士が存在するとの説もある[1]。
引用元: 聖闘士星矢 真紅の少年伝説 – Wikipedia.