エデンの「檻」 山田恵庸(やまだよしのぶ)のサバイバル漫画 コトミの台詞が話題に

044fZvbAnqNnT
絶滅動物が生きる島での少年達の
サバイバルを描いた山田恵傭の
漫画は『エデンの◯』?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
おり(答)
『エデンの檻』

別の台詞「クンニしろオラァァァ」で有名なのですね

『エデンの檻』(エデンのおり、CAGE of EDEN)は、山田恵庸による日本の漫画作品。『週刊少年マガジン』(講談社)にて、2008年52号から2013年8号まで連載されていた。単行本は全21巻。全185話。
>これと言って取り柄のない中学生であった主人公、仙石アキラは、中学3年の修学旅行でグアムから日本へ帰る途中、搭乗していた飛行機の故障で、地図に存在しないジャングルに墜落し、アキラの平凡な生活は一変してしまう。ジャングルには、絶滅したはずの古代生物が棲息しており、巨大な鳥や動物に襲われながらも、アキラはジャングルの中で同級生たちと合流し、協力や衝突を繰り返しながら、サバイバルの日々を送ることになる。大事故にも関わらず、外部からの救助や連絡が無い状況で、島内には絶滅動物や自然毒・天災など自然の脅威、そして人間の欲望や憎悪が跋扈する。アキラを含めた横浜明協学園中等部の中学生・教員205名、一般客115名の計320名以上の乗員乗客達は、生き抜いて島から脱出できるのか?
引用元: エデンの檻 – Wikipedia.

グアムでの修学旅行の帰路、アキラたちは原因不明の飛行機事故に見舞われた! 気を失って目覚めたのは、見たこともない動物が生息しているジャングル。その島は絶滅したはずの動物が闊歩し、しかも島自体が地図に存在しない島だった。襲いかかる猛獣たち。非日常の緊張からパニックを起こすクラスメイト。謎だらけのジャングルで“生き残り”が始まる!
引用元: 『エデンの檻(1)』(山田恵庸):講談社コミックス|講談社コミックプラス.

修学旅行帰りの飛行機墜落事故によって、絶滅したはずの古代生物たちが生息している島へと投げ出された中学生、仙石アキラたちのサバイバルの日々を描いた物語。ちょっとだけHもあるよ☆。

ネット上ではコトミが発した「クンニしろオラァァァ」という台詞が有名。どれほど有名かというと、ニコニコ大百科にて当記事が作成される二年近く前からこの台詞の記事が存在していた位に有名。詳しくは該当記事を参照。
引用元: エデンの檻とは (エデンノオリとは) [単語記事] – ニコニコ大百科.

「クンニしろオラァァァ」とは、少年漫画「エデンの檻」の登場人物、コトミのセリフである。

週刊少年マガジン2009年51号に掲載された第46話「明日に架ける橋」より。
>「童貞のくせにバカにしやがってよぉぉぉ!!

何がクニだよ クンニしろオラァァァ
>まとめ
飛行機墜落、絶滅動物の孤島へ取り残される

大自然の摂理、身内でのいがみ合いなどで次々に死んで逝く仲間達

生き残るためには”国”みたいなまとまりを作って皆、一丸で立ち向かわなければ・・・

何がクニだよ クンニしろオラァァァ!
>当然ネタにされ、数々のコラ画像も作られた。→参考
尚、この台詞、原作者・山田恵庸先生が”編集による原稿待ち待機・徹夜カンヅメ”で少々気分がトリップしてハイになっていた状態で書かれたものであるという点、エデンの檻にあざとい位エロス表現が含まれるのはマガジン編集直々の指示であり、その全てが作者の意向・趣味に依るものではないという点に注意しなければいけないだろう。
>なお、この台詞が登場する単行本第6巻では、「ク◯ニしろオラァァァ!」と、伏字に修正された。
引用元: クンニしろオラァァァとは (クンニシロオラァァァとは) [単語記事] – ニコニコ大百科.