宇仁田ゆみ 『うさぎドロップ』『トリバコハウス』 三重県在住の漫画家

126TuXjAarlxp
『青みゆく雪』
『よにんぐらし』
『トリバコハウス』
『うさぎドロップ』
志村貴子
小玉ユキ
宇仁田ゆみ(答)
二ノ宮知子

映画『うさぎドロップ』の監督は「SABU」さんです


27歳で独身サラリーマンのダイキチは祖父の葬儀で、祖父の隠し子りんと出会う。わず­か6歳の少女が親戚中から邪魔なお荷物扱いされるのに怒りを覚え、両親や妹の反対を押­し切ってりんをひとり暮らしの借家へ連れ帰る。保育園探しに始まり、残業のない部署へ­の異動や、おねしょ対策まで常に全力投球のダイキチに、りんも心を開いてゆく。ある日­、りんと仲良しのコウキの母親が憧れの女性だったこと知りダイキチは驚く。


「幸福の鐘」「弾丸ランナー」「ポストマン・ブルース」「DRIVE」などの作品がある日本の映画監督は?
SABU(答)

宇仁田 ゆみ(うにた ゆみ、1972年5月10日 – )は、日本の漫画家、イラストレーター。女性。代表作は『うさぎドロップ』。
>三重県出身・在住。名古屋市内の短期大学で服飾を専攻し、卒業後4年間、広告制作の仕事に従事。
その後、1998年に『ヤングアニマル』(白泉社)掲載の『VOICE』でデビュー。青年コミック誌でのデビューから女性向け漫画雑誌へと掲載媒体を拡大した。
>既婚者で、二子あり。家庭の様子の一部が『ソダテコ』(『すくすくパラダイスぷらす』にて連載中)などのエッセイ漫画に描かれている。
引用元: 宇仁田ゆみ – Wikipedia.

 ――30歳の独身のダイキチが、祖父の隠し子の6歳のりんを育てる漫画作品「うさぎドロップ」が、来年映画化(SABU監督)されますね。
 私には小学生の娘と保育園生の息子がいますが、おなかにいる時からの付き合い。6歳からいきなり育てるダイキチとは違う部分があると思うので、その違いをうまく描きたいと思って書いています。
引用元: 朝日新聞デジタル:漫画家 宇仁田ゆみさん(38) – 三重 – 地域.

うさぎドロップ / 1
うさぎドロップ
ウサギドロップ / 1 ウサギドロップ
■出版社: 祥伝社
■著者名: 宇仁田ゆみ
案外、この世界も悪いもんじゃないって
りん、君はしっているかい―――?

祖父の隠し子・りんを育てることになったダイキチ
6歳児と30男が繰り広げる、なごみ系ちぐはぐLIFE
引用元: s-book.net Library Service.

トリバコハウス トリバコハウス1 ご購入はお近くの書店
もしくはこちら
オンラインで購入
■出版社: 祥伝社
■著者名: 宇仁田ゆみ
>カゴから抜け出て窓を開けて――待ち受けていたのは、ドラバタ雑居ライフ!

年上の彼に依存してきた7年間
毎日を「なんとなく」過ごしてきたミキ――
飼ったり飼われたりの恋って、どうなの??
引用元: s-book.net Library Service.

SABU(さぶ、1964年11月18日 – )は、和歌山県出身の俳優、映画監督。 旧芸名は田中博樹、サブ(片仮名表記)。クリームインターナショナル所属。
1996年に映画監督デビューし、多数の映画を監督。海外映画祭への出品も多い。現在は映画監督業が主な活動となっている。
引用元: SABU (映画監督) – Wikipedia.