「空々空」そらからくう『悲鳴伝』主人公 「日昌晶」ひよしあきら『覇壊の宴』 「日日日」あきら『蟲と眼球』

085bCLlyaEREg
西尾維新の小説
「伝説」シリーズの主人公
空々空
そらからくう(答)

読めません(笑)
「日」の類問が頭にフックしました。

CIMG5573

『覇壊の宴』で知られる
ライトノベル作家
日昌晶
ひよしあきら(答)
『覇壊(はかい)の宴』

エフェクト
ライトノベル『蟲と眼球』や
『狂乱家族日記』の作者
日日日
あきら(答)

CIMG3543 (1)
東京スカイツリー・第二展望台の
最高到達点をこう呼びます
ソラカラポイント(答)

○×
東京スカイツリーの2つの展望台「天望デッキ」と「天望回廊」で高い位置にあるのは「天望デッキ」の方である
×(答)
◯「天望回廊」

『悲鳴伝』(ひめいでん)は西尾維新による小説。単行本は講談社ノベルス(講談社)より刊行されている。続編となる「悲痛伝」刊行時に伝説シリーズの第1弾として位置付けられた。 キャッチコピーは「西尾維新史上、最長巨編」、「最長巨編にして、新たなる英雄譚」。あとがきによると原稿用紙千枚に及ぶ。挿絵は存在しない。
>空々空(そらから くう)
本作の主人公。13歳の少年。矯正された左利きであり、鉛筆と箸は右手で扱う。
「楽しい」「哀しい」といった諸々の感覚を持たない冷めた思考の持ち主であり、それを隠そうと演技を続けていることに苦悩している。
『地球陣』の正体を見ても全く動じない素質を買われて、地球撲滅軍に勧誘された。
引用元: 悲鳴伝 – Wikipedia.

西尾維新史上、最長巨編――西尾維新がはなつ、新たなる英雄譚。地球の悲鳴が聞こえるか。

彼の名は空々空。
どこにでもいない十三歳の少年。
風変わりな少女、剣藤犬个が現れたとき、
日常かもしれなかった彼の何かは終わりを告げた。
ひどく壮大で、途轍もなく荒唐無稽で、
しかし意外とよく聞く物語は、
そんな終わりを合図に幕を開ける。
人類を救うため巨悪に立ち向かう英雄は、
果たして死ぬまで戦うことができるのか!?
引用元: 『悲鳴伝』(西尾維新):講談社ノベルス|講談社BOOK倶楽部.

日昌 晶(ひよし あきら)は日本の小説家(ライトノベル作家)、日本ウノ協会会長[1]。早稲田大学卒業。
1999年に「覇壊の宴」で第11回ファンタジア長編小説大賞(富士見書房主催)準入選となり、2000年に同作品で富士見ファンタジア文庫よりデビュー。2002年を最後に小説家としての活動が途絶えていた。
2010年のスマッシュ文庫(PHP研究所)創刊に伴い作家活動を再開。
また、小説教室ラノベりあんを主宰して小説講座の開講も行っており、ライトノベル新人賞のマニュアル本も執筆している。 カードゲーム・UNOをこよなく愛し、全日本チャンピオンの称号を持ち競技団体・日本ウノ協会の会長を務めている[1]。
引用元: 日昌晶 – Wikipedia.

そういうわけですから同姓同名の人がいない名前だと一発で検索にひっかかってきますよね。
しかし奇抜なのはいいのですが、やりすぎて今度は漢字を難読文字、難解文字にしてしまうと
今度は検索しようにも、どうやってタイプしていいかわからなくなってしまったり
ブログなどに記事を書いてくれる人でも誤字のまま書いてしまうと、検索にひっかからなくなります。
できるだけ読みやすい文字(タイプしやすい)のほうが、検索しやすいですよね。

まあ、私のペンネームの「日昌晶」は絶対に「ひよしあきら」とは読めないのですが
それでも「日」も「昌」も「晶」も小学生でもわかる文字なので、バラバラにタイプできます。
また字面的にも特徴的なので、いちど見たら読み方はわからなくても印象に残るので
2度目に目にしたときに思いだしてくれる確率が高くなることを狙っているんですね。
変態的な字面のわりに読みの音としては普通っぽい名前なので、呼ばれても恥ずかしくないですしw
引用元: ○○ライトノベル教室 ライトノベル創作教室ラノベりあん 中二病でも書けるライトノベル教室♪.

「た、たすけてぇ~!」鈴木は声にならない悲鳴を上げていた。
目前には人血と涎が滴るドラゴンの牙が迫っている。
なんでこんなことになってしまったのだろう。
会社の上司に嫌われ左遷されてやってきた“新世界”。
ファンタジー小説そのままのようなこの異界で、冒険への期待がなかった訳じゃあない。
でも理想と現実は大違い。
戦争で人は沢山死ぬし、ドラゴンに喰われそうになるしと、ろくでもないことばかりが起きる。
エルフのメイドは可愛いけど、これで月給15万円じゃやってられないよ~。
血の匂いに満ち、陰謀渦巻くファンタジー世界で、平凡なサラリーマン鈴木君は生き延びることが出来るか!?第11回ファンタジア長編小説大賞準入選!期待の新鋭による、サスペンスフルな腰抜けファンタジー登場。
引用元: BookWebPro 和書検索.

日日日(あきら、男性、1986年7月29日 – )は日本の小説家である。奈良県出身。千葉県県立高校卒業。ペンネームは本名である「輝(あきら)」の字を同音の漢字「晶」に置き換えて「日」3つに崩して表記したもの。
高校在学時に第1回恋愛小説コンテストラブストーリー大賞、新風舎文庫大賞大賞、第6回エンターブレインえんため大賞佳作、第8回角川学園小説大賞優秀賞、第1回MF文庫J新人賞編集長特別賞を受賞。高校卒業後、介護の専門学校に通いながら小説を書く。2009年、『ビスケット・フランケンシュタイン』でセンス・オブ・ジェンダー賞大賞を受賞。
引用元: 日日日 – Wikipedia.