「オッツ・キイム」Etz Chaimカバラ「生命の樹」 夜麻みゆき『レヴァリアース』『幻想大陸』『刻の大地』の舞台 「ゲマトリア」カバラの「数秘術」

117HlRZOqAqyg
夜麻みゆきのファンタジー漫画
「レヴァリアース」「幻想大陸」
「刻の大地」の舞台である
異世界は?
ッムオツ・イキ
オッツ・キイム(答)
Etz Chaim

CIMG6181
聖書に隠された暗号を読み解く
神秘主義思想カバラの「数秘術」
ゲマトリア(答)

夜麻 みゆき(やま みゆき、1974年[1]10月21日[2] – )は、日本の女性漫画家。大阪府出身[2]。血液型はA型[3]。代表作は『レヴァリアース』・『刻の大地』など。
>作風はコミカルでほのぼのとした表現を基調に、しばしばシリアスなテーマを織り込む。
キャラクターを幼く表現する手法に特徴があり、いくつかの作品には共通して「ペロキャン」が登場する[5][6][7][8][9]。
体調不良により一時休業したが、現在は体調を見合わせて活動している。
引用元: 夜麻みゆき – Wikipedia.

漫画家、夜麻みゆきが描いた作品「レヴァリアース」、「幻想大陸」、「刻の大地」の総称。いずれもオッツ・キイムという世界を舞台としていたためこう呼ばれている。

◆「レヴァリアース」
Gファンタジーで連載された作品。邪神竜ディアボロスを倒した勇者ザードの弟、ウリックが、アドビス国の王子シオンとディアボロスを目指す、という内容。全三巻。ドラマCDにもなった。もともとは作者がドラクエに影響を受けて思いついた作品。

◆「幻想大陸」
ギャグ王で連載された作品。十六夜、ジェンド、カイを主軸にギャグをおりなすファンタジー。全二巻。小説にもなった。
この作品のみ、ややパラレルになっている。

◆「刻の大地」
ガンガンで連載され、Gファンタジーに移動した作品。「レヴァリアース」の正式な続編。当初は「幻想大陸」の十六夜、ジェンド、カイがメインだったが、ストーリーが進むにつれて「レヴァリアース」のキャラクターが大きく絡んでくる。
間違いなく三部作の集大成であるが、 残念ながら打ち切られてしまった。 全十巻。
公式ファンブック、小説、ドラマCD、OVAと商品展開がもっとも多い。
引用元: アニヲタWiki(仮) – オッツ・キイム三部作.

エヴァの象徴…じゃなかったw
カバラの象徴セフィロトの樹
…別名生命の樹
ヘブル語ではオッツ・キイム。

ん…オッツ・キイムってどっかで聞いたな…。
あ、夜麻みゆき先生の刻の大地とか
幻想大陸とかレヴァリアースとかの
舞台となる世界の事だな。由来はここだったのか…。

セフィロトの樹は、万物創世の段階を示す図だそうだ。
引用元: とても、小さな足あとだけど:2006年05月31日 – livedoor Blog(ブログ).

The tree of life

The kabbalistic tree of life, the Etz Chaim (Hebrew עץ חיים), is a central system of the Kabbalah and it describes the manifestations of the divine creation in the book of the formation, the Sefer Jetzirah (Hebrew יצירה ספר). The tree of life is sub-divided into several levels of the ten primal numbers, namely the Sefirot (sing. Sefira), which are linked by the 22 paths. These paths correspond to the 22 letters of the Hebrew alphabet.
引用元: Kabbalistic Tree of Life.

オッツ・キイム3部作の作中には、いくつかの文字が登場します。
ここではその文字について、適当に解説してみたり、してみなかったり。
言語知識のほとんどない人間が書いてるので信用しないでください。
>「画集 オッツ・キイム」の解説文で「自分文字」と呼んでいる夜麻みゆき先生独自の文字です。
形状、用法などが似ているため、ヘブル文字(ヘブライ文字)をモデルにしてるのではないかと思われます。
ヘブル文字についても詳しくは知らないんで、興味があったらどっかで調べてください。
 
この「上古文字」もローマ字に対応させることができます。
「愛蔵版 幻想大陸」、「愛蔵版 レヴァリアース2巻」の表紙イラストに書かれてる文字を、
解読できると思い込みながら見れば解読できます、気合いです。
以下に、そうやって解読してみたローマ字対応表を載せておきますので参考にしてみてください。
引用元: マメ知識/文字解読 – YAMANIAデータベース Wiki*.

ゲマトリア (גימטריה) はヘブライ語およびヘブライ文字の数秘術であり、聖書の言葉に隠された意味を読み解く神秘主義思想カバラの一部をなす。
ヘブライ文字は音価だけでなく数価も対応している。
引用元: ゲマトリア – Wikipedia.