『魁!クロマティ高校』クロマティ高校の生徒 神山高志 林田慎二郎 前田彰 メカ沢「新一」 竹之内豊

116gaSOdEG
漫画『魁!クロマティ高校』に
登場するメカ沢のフルネームは
メカ沢◯◯?
◯の名前をひらがなで答えなさい
しんいち(答)
メカ沢新一

009WkIcRnYXzJ
次のうち
漫画『魁!クロマティ高校』で
クロマティ高校に通っている
キャラクターを全て選びなさい
瀬戸内ジャクソン バース高校
神山高志(答)
メカ沢新一(答)

竹之内豊(答)
前田彰(答)
林田慎二郎(答)
山口ノボル デストラーデ工業高校

『魁!!クロマティ高校』(さきがけ クロマティこうこう)は、野中英次による日本の漫画作品。及びそれを原作とする同名のテレビアニメ、実写映画。略称は「クロ高」。
>東京都立クロマティ高校、そこは選りすぐりの不良達が揃う、「ワルのメジャーリーグ」とも言われるほど恐れられている高校である(そして驚くほどのバカぞろいでもある)。
主人公・神山高志は優等生ながらも、中学時代に助けてもらった親友と同じ高校に行くため「引き算ができれば入学できる(しかも面接がない)」というクロマティ高校を受験したのであったが、なんとその親友は不合格となってしまったため、結局神山1人が入学してしまう。それでも挫けず通っている内に、究極のバカ林田慎二郎や影の薄い前田彰、茶筒型のロボット番長メカ沢新一や、高校生なのか日本語が通じるのかすらわからないフレディ、それどころか明らかに本物のゴリラであるゴリラ(豪ヒロミ)、喧嘩は強いが乗り物に弱い竹之内豊、大財閥の息子・北斗武士と名前を名乗ろうにも必ず妨害が入るため名前を名乗れない子分など、クセの強い友人や仲間が増えてゆき、この異常な学校にも馴染んでいった。彼らと共に学校生活を送るうち、神山の校内における立場も向上していく。
引用元: 魁!!クロマティ高校 – Wikipedia.

主な登場人物
>神山高志 – 声:櫻井孝宏 / 演:須賀貴匡
一応主人公。義を重んじてクロマティ高校に入学した漢。しかしその義がまったくの無駄になり、唯一浮いた存在に。しかし回を重ねるごとに一番の悪は神山というのが定説になってくる。後半になればなるほど出番がなくなり、週刊連載にしてなんと7週間も登場しなかった時期がある。最終回にはひょっこり登場した。人の皮をかぶった悪魔
>林田慎二郎 – 声:鈴木琢磨 / 演:虎牙光揮
課長バカ一代に登場する林田一郎を流用して誕生した使い回しキャラ。強烈なモヒカン頭を持ち、アニメではまるで意思を持っているかのように動く。前作同様究極の馬鹿であるが、妙なところで鋭い。実はエリート家族で、モヒカンはヅラ、地毛は七三分けである。比較的出番は多かったが、後半は他のレギュラーと同様に出番が希薄に。
>前田彰 – 声:稲田徹(アニメ) / 演:山本浩司(映画)
課長バカ一代に登場する前田仁の流用キャラ。前作と同じく大物感があり、喧嘩も無敗という強者だったが、「アダ名がない」という理由だけで軽んじられる。その後はツッコミキャラとして定着するも、よくライバル高に拉致られたり、自宅を溜まり場にされたり、誕生日を間違えられたり、後半は作者から存在を忘れられたり散々な扱いである。
>メカ沢新一 – 声:若本規夫(アニメ) / 武田真治(映画)
本作随一の人気を誇るマスコットキャラ。人情溢れる漢。でもロボット。スピンオフで主役漫画も連載された。ドラム缶に適当な手足をつけただけのロボットだが、一部を除いて誰もその存在の異常に突っ込まない。人気のわりに作者からは嫌われているらしい。初期化されたりしたせいで後半は初登場時の威厳は完全に損なわれている。
>山口ノボル – 声:風間勇刀 / 演:増本庄一郎
デストラーデ工業高校の番長。グラサンにアフロで無口といかにもな風貌だが、実はお笑いにうるさい面倒な人。ネタを他人に先取りされやすい。ラジオのハガキ職人「アジシオ太郎」という裏の顔も持ち、ハチミツボーイ(神山)に対抗意識を燃やす。人気の高いキャラだが、「お笑いにうるさい奴とか鬱陶しい」という理由で作者に嫌われている。
引用元: 魁!!クロマティ高校とは (サキガケクロマティコウコウとは) [単語記事] – ニコニコ大百科.