「ラグ・シーイング」浅田弘幸『テガミバチ』主人公

405RIzQLqggHH
浅田弘幸の漫画『テガミバチ』で
郵便配達員・テガミバチとして
活躍する主人公の少年は?
ンイグラー・グシ
ラグ・シーイング(答)
Lag Seeing

『テガミバチ』は、浅田弘幸による日本の少年漫画作品。現在、『ジャンプスクエア』(集英社)にて連載中。また、アニメやラジオなどのメディアミックスも展開されている。話数カウントは「第○話」。
>夜が明けることのない星に、「アンバーグラウンド」という名の地がある。首都を照らす人工太陽の光が届かない、暗く危険な地域を旅する国家公務があった。彼らの仕事はその地で生きる人々の「こころ」が込められた「テガミ」を届けること。命を賭して「こころ」を届ける彼らを人々は「テガミバチ」と呼んだ。
7歳の頃、母親と生き別れた少年・ラグ・シーイングは、郵便物(テガミ)として運ばれることになるが、そんな自分を守り、目的地まで送り届けてくれた、テガミバチのゴーシュ・スエードに憧れを抱き、テガミバチになることを決意。5年後、見事採用試験に合格したラグは、最高のテガミバチ「ヘッド・ビー」を目指すため、配達作業に奮闘する。
引用元: テガミバチ – Wikipedia.

ラグ・シーイング

新米のテガミバチ。左目に精霊琥珀を持つ、心優しく泣き虫な少年。その正体は、多くの人々の「こころ」と精霊琥珀が一つになった存在で、人工太陽の光が一度途絶えた「瞬きの日」に生まれた。モノに宿った「こころ」を見る心弾「赤針」を使う。約1年間、仲間達との連絡を絶ち、世界救済のための力を身につけた。帰還後は口数が少なく、冷静な性格に。
引用元: ジャンプSQ.[テガミバチ]浅田弘幸.