「倉下月海」くらしたつきみ 『海月姫』の主人公

151xCiSRpkZQp
東村アキコの漫画『海月姫』で
イラストレーターを志す
クラゲオタクの主人公は?
倉海下月
倉下月海(答)
くらしたつきみ


発光器を持つ
別の生物が名前になっている
マッコウクジラの食料になる
左眼だけがギョロリと大きい
アオリイカ
コウモリイカ
ホタルイカ
クラゲイカ(答)
引用元: 「クラゲイカ」左眼だけ特に大きい 発光器があるイカ カウンターシェーディング対策 | わかればいいのに I wish I knew.

デンキクラゲ「カツオノエボシ」「アンドンクラゲ」 ハクションクラゲ「アカクラゲ」
引用元: デンキクラゲ「カツオノエボシ」「アンドンクラゲ」 ハクションクラゲ「アカクラゲ」 | わかればいいのに I wish I knew.

『海月姫』(くらげひめ)は、東村アキコによる日本の漫画作品。「おしゃれ」に縁のなかった少女と女装男子が繰り広げる騒動を描いたシュールコメディ。なお、本作における「腐女子」とは、本来の意味での腐女子ではなく、近年間違って用いられるようになった「己の趣味のみに没頭するオタク女性」を指す。アニメ版では腐女子と呼ぶ描写はなく、単にオタクとされている。
>イラストレーターを志して上京したクラゲオタクの月海(つきみ)が住むのは、風呂・トイレ共同、男子禁制の昭和レトロな外観のアパート「天水館(あまみずかん)」。住人は皆腐女子で、みな実家からの仕送りのみで生計を立てる所謂ニートである。天水館に住む資格として「オシャレ人間は天敵」「人生に男を必要としない」などというモットーを立て更には自分達を“尼〜ず”と称し、外部との接触を避けてまったりと楽しいぬるま湯のような日々を送っていた。
>倉下月海(くらした つきみ)
声 – 花澤香菜
18歳。クラゲおたく。イラストレーターを目指して鹿児島から上京。インターネットのコミュニティサイトで知り合った友達に誘われて天水館へ入居した。
幼い頃、母(声 – 皆口裕子)と一緒にお姫様のドレスのようなクラゲを見て以来、クラゲが大好きになった。蔵之介によって命を救われたタコクラゲのクララを溺愛しており、自室内はクラゲの写真と自作の絵が四方の壁のいたるところに飾られている。
引用元: 海月姫 – Wikipedia.