大森俊之



アニメ映画『新世紀
エヴァンゲリオン シト新生』の
主題歌『魂のルフラン』を
作曲した音楽家は?
大吹行敏
矢藤俊郎
佐巣英之
大森俊之(答)
28%

大森 俊之(おおもり としゆき、1957年12月11日- )は、日本の作曲家、編曲家。東京都出身。日本大学芸術学部放送学科中退。血液型 は O型。

1980年代後半よりCM音楽を中心にした作曲家となり、数えきれない作品に関わる。1990年代に入り、ドラマ・アニメなどのサウンドトラックを手掛けるようになる。1993年から1996年のJR東海のCM「そうだ 京都、行こう。」の編曲を全て手掛け、ACC最優秀編曲賞を受賞した。

アニメの主題歌なども多く、中でも『残酷な天使のテーゼ』(高橋洋子、TVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』オープニングテーマ)の編曲、『魂のルフラン』(高橋洋子、アニメ映画『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』主題歌)の作曲・編曲でも知られる。「うたっておどろんぱ」「なんでもQ」などの子供番組への楽曲提供では、様々な名曲も残している。その他、ポップスからオペラまで幅広いジャンルのシンガーに楽曲を提供、プロデュースや音楽監督も務める。
引用元:大森俊之 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%A3%AE%E4%BF%8A%E4%B9%8B

鷺巣 詩郎(さぎす しろう、1957年8月29日 – )は、日本の作曲家、編曲家、音楽プロデューサー。東京都世田谷区出身。映像制作会社ピー・プロダクション社長。父は漫画家でピー・プロダクション設立者のうしおそうじ(本名:鷺巣富雄)。叔父はアニメ制作会社エイケンのプロデューサー鷺巣政安[1]。

1980年代初頭のアイドル歌謡曲時代から、インストゥルメンタル・アーティスト、近年のシンガー・アーティストに至るまで広範囲にわたり、多くの楽曲を手掛けている。映画、テレビなど、あらゆる映像音楽(サウンドトラック)分野での活動も含めると、それらの作品数は膨大である。

他方面では『森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ系列)における楽曲群や、中央競馬の馬場入場テーマソング(西日本および北海道開催、2009年まで使用)と北海道地区の発走ファンファーレなども手がけている。

暁星高校在学中から少しずつ音楽の仕事をしており、日本映画専門チャンネルの『特撮国宝』でゲストに呼ばれた際には、17歳の頃に父・鷺巣富雄が経営する映像制作制作会社ピー・プロダクション事業部の仕事を手伝い、怪獣ショーの・演出・脚本・音楽・音響効果の仕事をしていたと語っている。父との合作は、『シルバージャガー』が最初で最後であった。[要出典]

1980年代から多くのクラシカル・クロスオーヴァー・アーティストも手がけ、クライズラー&カンパニー(葉加瀬太郎)や川井郁子などのアーティストを発掘した。
引用元:鷺巣詩郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B7%BA%E5%B7%A3%E8%A9%A9%E9%83%8E