ジョン・レグイザモ


1993年の公開の映画
『スーパーマリオ』で
ルイージを演じた俳優は?
レ・ンョグジモザイ
ジョン・レグイザモ(答)
34%

ジョン・レグイザモ(John Leguizamo、1964年7月22日 – )は、アメリカ合衆国の俳優・コメディアン。

来歴[編集]
コロンビア・ボゴタで生まれ、4歳の時に両親と共にニューヨークに移住した。父親はプエルトリコ人。

リー・ストラスバーグの元で演技を学んだ。映画デビューは1988年。1991年より上演された一人芝居『Mambo Mouth』がオフ・ブロードウェイでヒット。2000年に『Arabian Nights』でエミー賞を受賞。

『3人のエンジェル』ではドラァグ・クイーンを、『ロミオ+ジュリエット』ではジュリエットのいとこであるティボルトを、『ムーラン・ルージュ』ではトゥールーズ=ロートレックなど、様々な個性的な役をこなしている。
引用元:ジョン・レグイザモ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%B0%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%A2

ストーリー
6500年前、現在のニューヨーク周辺。巨大隕石の落下によって、恐竜世界と人間世界が2つに引き裂かれ、絶滅したと思われていた恐竜は進化し、独自の世界を地下に作りあげていった 。そして現代、ニューヨーク、マンハッタン。その地底には人間に似た姿形を持つ爬虫類たちが生き続ける恐竜帝国ダイノハッタンが存在し、そこを支配する魔王クッパ(デニス・ホッパー)は、地上に逃亡したプリンセスが持つクリスタル石を狙っていた。その石には人間世界と恐竜帝国を融合する力が備わっているのだ。ブルックリンで配水管エグ を営むマリオ(ボブ・ホスキンス)と弟ルイージ(ジョン・レクイザモ)は、ルイージがひと目惚れした考古学を専攻するデイジー(サマンサ・マシス)と、マリオの恋人ダニエラと共に楽しく食卓を囲んでいた。
引用元:スーパーマリオ 魔界帝国の女神 : 作品情報 – 映画.com http://eiga.com/movie/45802/

『スーパーマリオ 魔界帝国の女神』(スーパーマリオ まかいていこくのめがみ、原題: Super Mario Bros.)は、テレビゲーム『スーパーマリオブラザーズ』を元に1993年にアメリカ合衆国で50億円の制作費を投じて製作された実写映画である。

本作では、キャラクター設定などにおいて任天堂のゲーム『スーパーマリオブラザーズ』とは一部の設定が変更されている。また、本作におけるマリオブラザーズの「マリオ」とは、主人公兄弟の苗字であり、兄弟のフルネームについて、兄のマリオはマリオ・マリオ、弟のルイージはルイージ・マリオである。この設定は日本ではあまり知られておらず、2015年9月13日に開催されたスーパーマリオ30祭において宮本茂が自身の発言でこの設定に触れたことにより、この設定に対する日本の製作者側からの正式な言及となった。

日本では、ビデオソフト化の際にタイトルが『スーパーマリオ』へ変更されたが、DVDソフト化の際に『スーパーマリオ 魔界帝国の女神』に戻されている。著作権標記は1983 ALLIED FILMMAKERS NV と1983 NINTENDO の2社表記である。

キャッチコピーは、「マリオが、ハリウッドを本気にさせちゃった。」「映画のマリオは、やることでかい。」「このヒゲオヤジが、超つよい。」

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 日本テレビ版
マリオ・マリオ ボブ・ホスキンス 富田耕生
ルイージ・マリオ ジョン・レグイザモ 辻谷耕史 島田敏
引用元:スーパーマリオ 魔界帝国の女神 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%AA_%E9%AD%94%E7%95%8C%E5%B8%9D%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%A5%B3%E7%A5%9E