近藤正臣、村上弘明


テレビ朝日の『土曜ワイド劇場』
で、探偵神津恭介を演じた
俳優をフルネームで
1人答えなさい
こんどうまさおみ(答)
むらかみひろあき(答)
26%

神津 恭介(かみづ きょうすけ)は、高木彬光の推理小説に登場する架空の名探偵。初登場は高木のデビュー作でもある『刺青殺人事件』。

人物[編集]
本職は東京大学医学部法医学教室助教授(その後、教授職を務め退官)。1920年(大正9年)9月25日生まれ。血液型はO型。
長身(5尺6寸、約169センチ)の美男子で、6カ国語(英・独・仏・露・ギリシア・ラテン)に長け、学生時代に発表した論文により「神津の前に神津なく、神津の後に神津なし」と評された天才。ピアノの腕前もプロ級である。
東京府立第四中学校から第一高等学校理科乙類に入学。その後、東京大学医学部に入学、従軍して外地にいたが帰国し、大学に戻った。
江戸川乱歩の明智小五郎、横溝正史の金田一耕助と並んで「日本の三大名探偵」と称される。
本名で解決する事件の他、「墨野隴人」[1]と名乗り5つの事件を解決する[2]。

演じた俳優[編集]
明智小五郎や金田一耕助に比べて回数は少ないが、数回映像化されている。
映画[編集]
河崎保 – 『わが一高時代の犯罪』東映 1951年[3]
テレビドラマ[編集]
津川雅彦 – 『わが一高時代の犯罪』NHK 1966年
三橋達也 – 『大東京四谷怪談』テレビ朝日 1978年 (墨野隴人の名前で登場[4])
近藤正臣 – 『探偵・神津恭介の殺人推理』テレビ朝日 1983年 – 1992年
村上弘明 – 『天才・神津恭介の殺人推理』テレビ朝日 1997年 – 2002年
片岡愛之助 – 『名探偵 神津恭介』 フジテレビ 2014年 –
引用元:神津恭介 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%B4%A5%E6%81%AD%E4%BB%8B

『探偵・神津恭介の殺人推理』(たんてい・かみづきょうすけのさつじんすいり)は、テレビ朝日系の2時間ドラマ「土曜ワイド劇場」(毎週土曜日21:02 – 22:51)で1983年から1992年まで放送されたテレビドラマシリーズ。全11回。主演は近藤正臣。
1997年と2002年に「土曜ワイド劇場」で放送された『天才・神津恭介の殺人推理』は本シリーズのリメイクである。
引用元:探偵・神津恭介の殺人推理 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8E%A2%E5%81%B5%E3%83%BB%E7%A5%9E%E6%B4%A5%E6%81%AD%E4%BB%8B%E3%81%AE%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E6%8E%A8%E7%90%86

『天才・神津恭介の殺人推理』(てんさい・かみづきょうすけのさつじんすいり)は、テレビ朝日系の2時間ドラマ「土曜ワイド劇場」(毎週土曜日21:00 – 22:51)で1997年から2002年まで放送されたテレビドラマシリーズ。全2回。主演は村上弘明。
近藤正臣主演のシリーズ『探偵・神津恭介の殺人推理』をリメイクしたものである。
引用元:天才・神津恭介の殺人推理 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E6%89%8D%E3%83%BB%E7%A5%9E%E6%B4%A5%E6%81%AD%E4%BB%8B%E3%81%AE%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E6%8E%A8%E7%90%86