竹野内豊『人生の約束』


ビートたけしも出演する
富山県射水市を舞台にした
2016年1月公開の映画
『人生の約束』の主演俳優は?
竹野内豊(答)
妻夫木聡
本木雅弘
西島秀俊
36%

「池中玄太80キロ」シリーズをはじめ「新宿鮫」シリーズ、「点と線」など数々の名作ドラマを手がけてきたテレビ界の巨匠・石橋冠が、演出経験55年、78歳を迎えて初めて劇場映画でメガホンを握ったヒューマンドラマ。主演の竹野内豊を筆頭に、江口洋介、西田敏行、ビートたけしら豪華キャストが集った。江戸時代から約350年続く富山県の曳山まつりを題材に、根っからの仕事人間だった主人公の中原祐馬が全てを失い、かつての親友との約束を果たそうとする中で自分を見つめ直していく姿を描く。新興IT企業CEOで会社の拡大にしか興味のなかった祐馬は、元共同経営者で親友でもあった航平から無言の留守番電話が入っていることに気付き、胸騒ぎを覚えて航平の故郷の富山県・新湊を訪れる。しかし、航平は既に亡くなっており、かつて航平に対して会社から追い出すような仕打ちをした祐馬を、航平の遺族は怒りをもって出迎える。そんな中、航平の忘れ形見の少女・瞳は、祐馬にある頼みごとをする。
引用元:人生の約束 : 作品情報 – 映画.com http://eiga.com/movie/82005/

石橋 冠(いしばし かん、1936年 – )は、日本の演出家。山田太一、倉本聡らの脚本家と組み、多くの作品を手掛けた。日本テレビのディレクターを経て、現在はフリー。

経歴[編集]
東京都出身[1]。小学生のときに北海道札幌市に移る[1]。北海道札幌南高等学校を経て[1]、1960年、早稲田大学政治経済学部を卒業し[1]、日本テレビに入社[1][2]。
「ラブレター」で2003年度芸術選奨文部科学大臣賞を受賞[1][2]。「点と線」で2007年度、「なぜ君は絶望と闘えたのか」で2010年度にそれぞれ文化庁芸術祭賞大賞を受賞[2]。「シューシャインボーイ」でソウル国際ドラマアワード2010・グランプリを受賞[2]。2011年、旭日小綬章[2]。
2016年、『人生の約束』で映画監督デビューを果たす[3]。
引用元:石橋冠 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E6%A9%8B%E5%86%A0