静岡県知事川勝平太 岐阜県知事古田肇 長野県知事阿部守一


次の県と、その知事の
正しい組み合わせを選びなさい
静岡県───川勝平太
岐阜県───古田肇
長野県───阿部守一(しゅいち)
63%

川勝 平太(かわかつ へいた、1948年(昭和23年)8月16日 – )は、日本の経済学者(比較経済史)、政治家。学位はD.Phil.(オックスフォード大学・1985年)。静岡県知事(第53-55代)、公益財団法人世界緑茶協会理事長(第3代)、国際日本文化研究センター客員教授、麗澤大学比較文明文化研究センター客員教授、静岡文化芸術大学名誉教授。

早稲田大学政治経済学部教授、国際日本文化研究センター副所長、財団法人総合研究開発機構理事、静岡文化芸術大学学長(第2代)、学校法人静岡文化芸術大学理事長(第2代)などを歴任した。

2017年6月25日に投開票が行われた知事選挙ではバルセロナオリンピック柔道銀メダリストの溝口紀子を破り、3期目の当選を果たした。
引用元:川勝平太 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E5%8B%9D%E5%B9%B3%E5%A4%AA

古田 肇(ふるた はじめ、1947年9月13日 – )は、日本の通産・経産・外務官僚、外交官、政治家。岐阜県知事(3期)。

2005年2月、岐阜県知事選挙に無所属で出馬し、初当選を果たした。2009年、2013年、2017年の岐阜県知事選挙においても、それぞれ再選。
引用元:古田肇 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E7%94%B0%E8%82%87

阿部 守一(あべ しゅいち、1960年12月21日 – )は、日本の政治家、元自治・総務官僚。現長野県知事(公選第18・19代)。長野県副知事、横浜市副市長等を務めた。

2014年、長野県知事選挙に再選を目指して立候補し、自民、民主、公明、結い、次世代、社民、日本維新の会県総支部、連合長野の推薦を受け、当選した[4]。得票は次点の野口俊邦の10万6120票に対して62万6362票と圧勝したが、一方で投票率は過去最低の43.56%であった[5]。
引用元:阿部守一 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%BF%E9%83%A8%E5%AE%88%E4%B8%80