徳島県三好市、広島県三次市、愛知県みよし市


日本の県で、「三好市」が
あるのは徳島県ですが
「みよし市」があるのは◯◯県?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
あいち(答)
57%

日本の県で、「三好市」が
あるのは徳島県ですが
「三次市」があるのは◯◯県?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
ひろしま(答)

三好市(みよしし)は、徳島県西部に位置する市。四国4県の市町村の中では最も面積が大きい。

地理[編集]
徳島県の最西端に位置し、香川県、愛媛県、高知県と接する山間過疎地域。
剣山(つるぎさん)、吉野川など、西日本や四国を代表する山河が揃い、豊かな自然に恵まれている。
しかし南部と北部山地は土砂崩れや落石が多く、荒天時には注意が必要。年平均気温の平年値は、池田町で新潟市や群馬県前橋市と同等、東祖谷京上で仙台市や秋田市と同等である。年降水量は瀬戸内海に近い北部では1500mm以下の地域が多く、四国山地にあたる南部では2000mmを越える。 冬季には、積雪や路面凍結が見られ、一部の道路が冬季通行止めになる。県面積の1/6を占める県内最大面積の市町村だが、可住地面積はそのうち僅か13%である。三野町は三好郡東みよし町をはさんだ飛び地である。

市名使用問題[編集]
愛知県西加茂郡三好町が「三好市」として市政移行することに関し三好市に打診したところ[2]、先行して三好市となった同市は、2007年(平成19年)から2008年(平成20年)度にかけ、反対の意思表明を行った。結果、愛知県三好町はみよし市として市制施行することとなった。なお、人口はみよし市の方が多い。
引用元:三好市 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%A5%BD%E5%B8%82

三次市(みよしし)は、広島県北部に位置する市。

概要[編集]
中国地方の中心部に位置している。江の川の支流が三次盆地で合流するため、古くから山陰-山陽を結ぶ文化・経済・交通の要衝の地として機能してきた。現在でも、中国自動車道・やまなみ街道・芸備線・三江線など、三次市を中心に放射状の交通網が整備されている[1]
広島県内に降る雨の約3分の1が集まっており、豊かな水に恵まれている。「三次(みよし)」由来は、「水(み)」と古い朝鮮語で「村」を意味する「すき」があわさって「水村(みすき)」となり、その後「みよし」に転じたという説が有力とされている[1]。また、河川の合流により夏場から秋にかけこの地方では珍しい霧が生じやすく、地元では霧の町とも呼んでいる。
引用元:三次市 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%AC%A1%E5%B8%82

みよし市(みよしし)は、愛知県の西三河地域に位置する人口約6万の市である。市制施行以前の表記は三好(みよし)。

概要[編集]
2005年の国勢調査では人口56,252人と市の要件を満たしたため、2010年1月4日に市制を施行して平仮名で「みよし市」となった。消防・ゴミなどは、日進市・東郷町の尾張東部広域行政圏で処理している。トヨタ自動車の工場が立地し、財政は比較的裕福で、東洋経済「住みよさランキング2016」では、長久手市に次いで県内2位、全国15位にランクされている。[1]
引用元:みよし市 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BF%E3%82%88%E3%81%97%E5%B8%82