コンドル、ハチドリ、サル


次のナスカの地上絵にある図柄を
長さが大きい順に選びなさい
トカゲ
イグアナ
オウム
コンドル
ハチドリ
シャチ
サル
クモ
27%

ナスカの地上絵(ナスカのちじょうえ)は、ペルーのナスカ川とインヘニオ川に囲まれた乾燥した盆地状の高原の地表面に「描かれた」幾何学図形、動植物の絵。

概要[編集]
1939年6月22日、動植物の地上絵は考古学者のポール・コソック博士により発見される。その後ドイツの数学者、マリア・ライヒェが終生この地に住み着き、彼女を中心として、地上絵の解明作業と、保護が行われるようになった。あまりにも巨大な絵が多く、空からでないとほとんどの地上絵の全体像の把握が難しい。なぜこのような巨大な地上絵を描いたのかということが大きな謎の一つとなっている。
引用元:ナスカの地上絵 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%81%AE%E5%9C%B0%E4%B8%8A%E7%B5%B5


ハチドリ
保存状態が良く、ナスカの地上絵を紹介する際によく登場する有名な鳥類の絵柄。大きさは96mほどです。

クモ
農耕に関係した絵柄とされ、大きさは約46m。一説によると、アマゾンの熱帯雨林に生息する種類のクモとか。

ペリカン
サギあるいはフラミンゴを描いたものともいわれる約285mの鳥の絵。ナスカの地上絵で最大の絵柄です。

サル
尾が同心円状に渦巻いている面白い形をしたサル。全長は約110m。尾の部分が風雨により消えかかっています。

コンドル
全長約136m。両翼を広げた雄大な姿で有名。他にもオウムなど、鳥をモチーフにした絵柄が多く見られます。

宇宙飛行士
小高い丘の斜面に描かれた、大きさ約32mの不思議な絵。「地上絵の制作者は宇宙人」説はここから?

クジラ
ペルー沖には生息していないはずのクジラは、大きさ約63m。地上絵には海の動物も描かれています。
引用元:ナスカの観光|ペルー観光ガイド|阪急交通社 http://www.hankyu-travel.com/guide/peru/lines.php