「イギリス領ギアナ」ガイアナ「オランダ領ギアナ」スリナム「フランス領ギアナ」仏国海外県


独立するまでは
「イギリス領ギアナ」と
呼ばれていた国は?
ガイアナ共和国をタッチ(答)

引用元:ガイアナ共和国 | 外務省 http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/guyana/index.html


次のうち、南米の国
スリナムはどっち?
(画像選択肢)
Aの画像(答)スリナム
Bの画像 ガイアナ


南アメリカの国・スリナムの
首都はどこ?
パンジリア
サラマンゴ
ブスンシボ
パラマリボ(答)

ガイアナ共和国(ガイアナきょうわこく、英語: Republic of Guyana)、通称ガイアナは、南アメリカ北東部に位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。東にスリナム、西にベネズエラ、南にブラジルと接し、北はカリブ海、大西洋に面する。首都はジョージタウン。
南アメリカで三番目に小さい国であり、ベネズエラとは現ガイアナ領のグアヤナ・エセキバを巡ってイギリス領時代の19世紀から領土問題を抱えている。ラテンアメリカよりもカリブ海諸国と文化的に近く、南アメリカ大陸で唯一英語が公用語の国である。

17世紀から18世紀にオランダは3つの植民地(エセキボ、デメララ、バービス)を設立した。ナポレオン戦争による変遷を経て、1814年からイギリスの植民地となり、オランダ三植民地は、1831年に統合され「イギリス領ギアナ」 (British Guiana) となり、オランダ人の町だったスタブルークはイギリス王ジョージ3世の名前からジョージタウンと改名されて、イギリス領ギアナの首都になった。
引用元:ガイアナ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%8A


引用元:スリナム共和国 | 外務省 http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/suriname/index.html

スリナム共和国(スリナムきょうわこく、オランダ語: Republiek Suriname)、通称スリナムは、南アメリカの北東部に位置する共和制国家である。東にフランス領ギアナ、西にガイアナ、南にブラジルと国境を接し、北はカリブ海、大西洋に面する。首都はパラマリボ。
かつては「オランダ領ギアナ」として知られており、南アメリカで唯一のオランダ語を公用語とする国である。南部にはギアナ高地につながる山地がある。面積、人口共に南アメリカで最小の独立国である。
引用元:スリナム – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%8A%E3%83%A0

ギュイヤンヌ(正式名称、フランス語: Guyane)は、南アメリカ北東部に位置するフランスの海外県ならびに海外地域圏(レジオン)。ただし、ギュイヤンヌ(ギアナ)地方との混同を避けるためギュイヤンヌ・フランセーズ(フランス語: Guyane française)、また日本では意訳したフランス領ギアナ(フランスりょうギアナ)で知られる。
西にスリナム、南と東をブラジルのアマパー州と接し、北は大西洋に面する。面積は北海道とほぼ等しい。県都はカイエンヌ。

フランスの海外県(兼レジオン)であり、EU圏内においてヨーロッパ大陸外に位置する最大の地域であり、アフリカ大陸にあるスペインのセウタ、メリリャと並んで、EU圏内で島嶼を除いたヨーロッパ大陸外に位置する三地域の内の一つである。県庁所在地はカイエンヌ。元首はフランス大統領で、地方議会の議長が行政長官となっている。二つの地域に分かれ、19人からなる普通議会と34人からなる地方議会があり、議員は共に選挙によって選出される。22のコミューンがある。
フランス領ギアナは二人の議員 をフランス国民議会(下院)に送り、一人はカイエンヌとマコウリアの2コミューンを、もう一人は残りのフランス領ギアナの全体を代表している。後者の選挙区はフランス共和国の陸地の中では最も大きい。フランス領ギアナはまた、フランス元老院(上院)に一人の議員を派遣している。
フランス領ギアナが慢性的に抱える問題は不法移民とブラジルやスリナムからの金の盗掘者の増加である。県とスリナムの国境は熱帯雨林の間を流れるマロニ川で、フランス国家憲兵隊とフランス外人部隊によるパトロールが困難である。スリナムとの国境線は議論を呼んでいる。
引用元:フランス領ギアナ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E9%A0%98%E3%82%AE%E3%82%A2%E3%83%8A


引用元:スペインの不法移民問題とセウタ・メリリャの領土問題:国際海峡対岸の橋頭堡は必要か? – 国際情勢の分析と予測 http://blog.goo.ne.jp/princeofwales1941/e/34b7724e5480615609e3ad945f473fb5