「日光市」中禅寺湖


観光名所の中禅寺湖がある
都道府県はどこ?
山梨県をタッチ(答)
65%

CIMG0187cQGIPHVpNTNM
次の日本の湖と
その発生に基づく分類の
正しい組み合わせを選びなさい
中禅寺湖───堰き止め湖
サロマ湖───潟湖
奥多摩湖───人造湖
芦ノ湖───カルデラ湖
蔵王・お釜───火口湖
諏訪湖───断層湖
引用元:「諏訪湖」富栄養湖「浜名湖」中栄養湖「摩周湖」貧栄養湖 http://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/35782/

中禅寺湖(ちゅうぜんじこ)は栃木県日光市の日光国立公園内にある湖。日本の湖沼では25番目の面積規模を有する。

概要[編集]
中禅寺湖は、2万年前に男体山の噴火でできた堰止湖である[2]。人造湖を除く広さ4km2以上の湖としては、日本一標高の高い場所にある湖である。また、栃木県最大の湖である。1周は約25kmであり、歩くと9時間ほどかかる距離である[3]。湖のすぐ北には男体山がそびえ、北西には戦場ヶ原が広がる。

中禅寺湖と男体山周辺の地形図
男体山の山頂付近(弥陀ヶ原)から見た中禅寺湖。湖の右側に広がる平地は戦場ヶ原拡大
Clip
男体山の山頂付近(弥陀ヶ原)から見た中禅寺湖。湖の右側に広がる平地は戦場ヶ原
中禅寺湖は、現在は観光地として知られるが、日光山を開いたとされる勝道上人が発見したとされる湖であり、かつては神仏への信仰に基づく修行の場として知られていた[3]。湖岸から約100m離れた場所にある上野島には、勝道上人の遺骨の一部が納められている[3]。
湖の南側には八丁出島と呼ばれる細長く突き出した半島があり、紅葉の名所として知られるほか、薬師如来を祀っていたとされる薬師堂跡がある[3]。
千手ヶ浜と呼ばれる砂浜は、車の乗り入れ禁止であり、徒歩や遊覧船でのみ訪問できる場所で、樹齢200年を超えるミズナラやハルニレ、赤や白のクリンソウがみられる[3]。
明治中期以後、観光地として知られるようになり、湖畔には現在もフランスやベルギーなどの大使館別荘がある。
引用元:中禅寺湖 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E7%A6%85%E5%AF%BA%E6%B9%96