ジン・アビディン・ベンアリ


次の文字列を順に選んで
2011年に失脚し亡命した
チュニジアの元大統領の
名前にしなさい
ジン
アビディン
ベンアリ
40%


2011年に、1969年より続いた
カダフィ大佐による独裁政権が
崩壊した国は?
リビア(答)

引用元:リビア | 外務省 http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/libya/index.html

ザイン・アル=アービディーン・ベン・アリー(Zine El Abidine Ben Ali زين العابدين بن علي, 1936年9月3日 – )は、チュニジア共和国の政治家、軍人。大将。1987年より23年以上にわたって同国第2代大統領を務めたが、2011年1月14日にサウジアラビアへ亡命、政権は事実上崩壊した。日本語ではジン・アビディン・ベンアリの表記も見られる。

23年間もの長期政権を維持したが、2010年末頃より高い失業率や物価の高騰などを背景とした国民の不満がデモとなって噴き出し、2011年1月13日に次期大統領選挙への不出馬を、翌日には総選挙前倒しを表明し事態を収拾しようと試みたが収まらず、同日中にチュニジアを脱出。サウジアラビアに亡命し政権は崩壊[1]した。その後、チュニジアにて公金横領、麻薬・武器の不法所持、殺人など93にも及ぶ容疑で起訴され、本人が欠席のまま同年6月20日に初公判が開かれた[2]。ベン・アリー自身は弁護士を通じて無罪を主張し、政治的な策略に陥れられたと主張したものの[3]、その日のうちに公金横領の罪などで禁錮35年の刑が下され[4]、7月4日には麻薬や武器の不法所持などの罪でさらに禁固15年の有罪判決を受ける[5]など、合計で66年もの懲役刑が下っている[6]。また一連の反政府運動においてデモ鎮圧を軍に命じ参加者を多数死亡させた容疑に関しては死刑が求刑され、2012年6月13日に終身刑判決が言い渡されている[7]。しかし、サウジアラビアがベン・アリーの身柄引き渡しに応じる可能性は低く、実際に刑が執行されることはないと推測されている[6]。
引用元:ザイン・アル=アービディーン・ベン・アリー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AB%EF%BC%9D%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%BC

ジャスミン革命(ジャスミンかくめい、英語: Jasmine Revolution、アラビア語: ثورة الياسمين‎; thawrat al-yāsmīn)は、2010年から2011年にかけてチュニジアで起こった革命(民主化運動)である。

概要[編集]
一青年の焼身自殺事件に端を発する反政府デモが国内全土に拡大し、軍部の離反によりザイン・アル=アービディーン・ベン=アリー大統領がサウジアラビアに亡命し、23年間続いた政権が崩壊した事件である。ジャスミンがチュニジアを代表する花であることから、このような名前がネットを中心に命名された[3][4]。
この民主化運動はチュニジアにとどまらず、エジプトなど他のアラブ諸国へも広がり、各国で長期独裁政権に対する国民の不満と結びつき、数々の政変や政治改革を引き起こした。こうした一連の動きはアラブの春と呼ばれた。
引用元:ジャスミン革命 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%9F%E3%83%B3%E9%9D%A9%E5%91%BD