「公立大学」山口県、埼玉県、奈良県、長崎県


次のうち、公立大学を持つ県を
全て選びなさい
徳島県
鹿児島県
山口県(答)山口県立大学
埼玉県(答)埼玉県立大学
奈良県(答)奈良県立大学
長崎県(答)長崎県立大学
28%

公立大学の一覧
引用元:公立大学:文部科学省 http://www.mext.go.jp/b_menu/link/daigaku2.htm

日本において公立大学とは、地方公共団体(公立大学法人を含む)の設置する大学である。2012年4月1日現在で82の大学がある(大正期に大学令が公布されてから第二次世界大戦後の学制改革まで存在した大学令による公立大学については、旧制大学を参照のこと。戦後設立の医科大学と後に官立・国立に移管された大学を除き、後身校が現在公立大学として存在するのは京都府立医科大学、大阪商科大学の後身大阪市立大学の2大学のみである)。
公立大学に関する管理および執行については、地方公共団体の長(都道府県知事、市町村長、地方公共団体の組合の管理者など)が行い(地方教育行政の組織及び運営に関する法律第24条第1項第1号)、教育委員会は、直接関与しない。
授業料は概ね国立大学と同一である。但し、入学金は設置自治体在住者向けには安めに、それ以外の地域出身者については高めに設定されていることが多い(国立大学は地域に関わらず入学金も同一)。
また、特徴として、国立大学や私立大学に比べて規模が小さい大学が多く見られることや、私立大学に比べて数が非常に少ないこと(日本の大学の内、私立大学が3/4程度であるのに対し、公立大学は1/8程度)が挙げられる。
収入は学生からの入学金・授業料および国からの助成金・補助金などがほとんどを占めており、設立した地方公共団体からの拠出は少ない。
近年兵庫県立大学・長崎県立大学・静岡県立大学など都道府県内の公立大学の統合が進むほか、2018年問題が迫り私立大学が公立大学に移行する例も増加している(公立大学法人も参照)。
引用元:公立大学 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E7%AB%8B%E5%A4%A7%E5%AD%A6