「浜松市」三方ヶ原の戦い「所沢市」小手指原の戦い



日本の有名な古戦場で
三方ヶ原があるのは
現在の静岡県浜松市ですが

小手指原があるのは
現在の埼玉県◯◯市?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
ところざわ(答)
52%

135nuXiipvvBh
1570年に織田信長・徳川家康の
連合軍が浅井長政・朝倉義景の
連合軍を破った戦いがあった
場所はどこ?
(画像選択肢)
1の画像 1573「三方ヶ原の戦い」静岡県浜松市北区三方原町
2の画像 1553「川中島の戦い」長野県長野市南郊
3の画像(答)1570「姉川の戦い」滋賀県長浜市姉川河原
4の画像 1582「山崎の戦い」京都府乙訓郡大山崎町
引用元:「戦国時代の合戦と都道府県」長野県「川中島の戦い」滋賀県「姉川の戦い」静岡県「三方ヶ原の戦い」京都府「山崎の戦い」羽柴秀吉と明智光秀 http://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/7485/

三方ヶ原の戦い(みかたがはらのたたかい)は、元亀3年12月22日(西暦1573年1月25日)に、遠江国敷知郡の三方ヶ原(現在の静岡県浜松市北区三方原町近辺)で起こった武田信玄と徳川家康・織田信長の間で行われた戦い。信長包囲網に参加すべく上洛の途上にあった信玄率いる武田軍を、徳川 ・織田の連合軍が迎え撃ったが敗退した。その後の家康の人生観に大きく影響した戦いとして知られる。
引用元:三方ヶ原の戦い – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%96%B9%E3%83%B6%E5%8E%9F%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

小手指原の戦い(こてさしがはらのたたかい、小手指ヶ原の戦い・小手差原の戦いとも)は、南北朝時代に武蔵国入間郡小手指原(現在の埼玉県所沢市北野)で行われた合戦である。国木田独歩『武蔵野』の冒頭部分で触れられていることで知られている。

小手指原の戦いは2回行われており、本記事では1に関して説明する。
元弘3年(1333年)5月11日に行われた新田義貞と鎌倉幕府との戦い。
正平7年/文和元年(1352年)閏2月28日に行われた足利尊氏と新田義宗との戦いについては、武蔵野合戦を参照のこと。
また、建武2年(1335年)に起きた鎌倉方残党の北条時行と足利尊氏の弟である足利直義の戦い(中先代の乱)でも、小手指原は戦場の一つとなった。
引用元:小手指原の戦い – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%89%8B%E6%8C%87%E5%8E%9F%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84