アサリ蛤仔 ハマグリ文蛤



マルスダレガイ科の
二枚貝です
蛤仔
アサリ(答)
47%

021oBZxZHW
次の貝を
あてはまるものごとに
グループ分けしなさい
31%

属する科と名前が同じ属する科と名前が違う科名
シジミシジミ科
アサリマルスダレガイ科
アコヤガイウグイスガイ科
タニシタニシ科
アワビミミガイ科

引用元:「ウグイスガイ科」アコヤガイ「ミミガイ科」アワビ巻き貝「ヘナタリ」「アワビ」「トコブシ」 http://seethefun.net/%E7%90%86%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/12811/


2012年に絶滅危惧種Ⅱ類に
指定された貝はどれ?
(画像選択肢)
1トコブシ?
2ホタテ貝?
3ハマグリ(答)
4アワビ?
引用元:「ハマグリ」絶滅危惧II類 http://seethefun.net/%E7%90%86%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/35265/

蛤仔 (アサリ)

学名:Ruditapes philippinarum
動物。マルスダレガイ科の二枚貝
引用元:蛤仔(アサリ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E8%9B%A4%E4%BB%94-1758778

はまぐり【蛤・文蛤・蚌】

① 〔「浜栗」の意という〕 海産の二枚貝。貝殻は丸みをおびた三角形で、表面は平滑で光沢がある。色彩は変化が多いが、黄褐色の地に栗色の紋様のあるものが多い。内面は白色で陶器質。肉は食用とし、貝殻は焼いて胡粉ごふんを作る。日本では北海道南部以南の内湾の砂泥にすむ。養殖も盛ん。 [季] 春。 《 -を搔く手にどゞと雄波かな /虚子 》
引用元:蛤・文蛤・蚌(はまぐり)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E8%9B%A4%E3%83%BB%E6%96%87%E8%9B%A4%E3%83%BB%E8%9A%8C-361229

内湾に生息する小型の二枚貝は、多くが食用となっています。その代表格が「あさり」。家庭料理に欠かせないものです。流通の場でも「あさり」を見ない日はありません。江戸時代などには、あさり売りが町を回っていたといいます。二枚貝ではもっとも収獲量が多く国産だけで需要が満たされていましたが、海の環境悪化により、近年は中国、韓国からの輸入ものが流通の主となっています。国産ものの旬は年に2回。関東以南の地域では産卵期が2回あり、その時期の春と秋が旬といわれます。この頃になると身が太り、旨味のもとであるグリコーゲンやコハク酸の含有量も増すため美味しくなります。漢字では「浅利」「浅蜊」「蛤仔」。海辺に行くと手軽に漁り獲ることができたため、「漁る」から「あさり」に転訛したものと考えられます。浅貝の意味。また、「さり」は「砂利」で砂のことを表します。
引用元:二枚貝(あさり・しじみ・はまぐり・ほたてがいなど) | 大阪市中央卸売市場 http://www.shijou.city.osaka.jp/sikyoportal/?page_id=4150