ベルナール・リヨ


太陽の周りに見える電子の散乱光
「コロナ」を常時観測できる
コロナグラフを発明した
フランスの天文学者は?
ジャン=シルヴァン・バイイ
ジャン=ルイ・ポン
ジョバンニ・カッシーニ
ベルナール・リヨ(答)
38%


太陽の外側部分に見える
太陽表面から飛び出した
荷電粒子の散乱光のことを
何という?
フレア
コロナ(答)
プロミネンス
デリンジャー
引用元:コロナ「荷電粒子の散乱光」フレア「太陽面爆発」プロミネンス「彩層の突出」 http://seethefun.net/%E7%90%86%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/39459/

コロナグラフとは、太陽コロナを常時観測できるように設計された望遠鏡、または観測装置。近年では、太陽以外の恒星の観測に用いられる恒星コロナグラフも存在する。

概要[編集]
焦点面に太陽像と同じ直径の遮光円盤を置くことで、太陽面からの明るい光を遮り、弱いコロナの光を観測できるようにしている。同じような装置としては、プロミネンスグラフやプロミネンスアイピースが開発されている。

遮光円盤がないと、太陽面が明るすぎてコロナは見えない。日食時には月が太陽面を隠すためコロナが観測できるが、コロナグラフは人工的に日食を起こしていると思えばよい。
引用元:コロナグラフ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95

ベルナール・フェルディナン・リヨ(Bernard Ferdinand Lyot、1897年2月27日 – 1952年4月2日)は、フランスの天文学者。結晶板による干渉を利用した非常に狭い波長域の光だけを透過する光学フィルター(リヨ・フィルター)を開発したことで知られる。太陽の天文学などに貢献した。

生涯[編集]
パリで生まれた。高等電気学校(Ecole Superieure d’Electricite)で学んだ後、エコール・ポリテクニークでアルフレッド・ペローの助手を務めながら、パリ大学で物理、化学を学んだ。

1920年から1952年までムードン天文台で研究した。1930年代から太陽コロナの研究のための装置コロナグラフを開発し、日食時以外でもコロナの観測ができるようになった。1938年にコロナ、プロミネンスの動きを取った動画化をとることに成功した。

1952年に日食観測隊としてスーダンにおもむいた帰途、カイロで心臓マヒで55歳で急死した。
引用元:ベルナール・リヨ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%A8

ジャン=シルヴァン・バイイ(Jean-Sylvain Bailly, 1736年9月15日 – 1793年11月12日)は、フランスの天文学者。フランス革命で活躍した政治家でもある。

生涯[編集]
パリに生まれた。はじめ画家を目指し、劇作なども行ったが、ラカーユの影響で天文学の道に進んだ。1759年に出現した、ハレー彗星の軌道の計算などを行った。1763年にフランス科学アカデミーの会員になり、1783年にアカデミー・フランセーズの会員に選ばれた。木星の衛星に関する著著や、天文学の歴史にかんする著書を著した。

フランス革命によって、天文学の研究は中断させられた。1789年の三部会に選出され、テニスコートの誓いの議長を務めた。バスティーユ襲撃の後、1789年7月15日にパリ・コミューンの最初のパリ市長に選ばれたが、シャン・ド・マルスの虐殺事件でデモを鎮圧するために国民軍に発砲を命じたため人気を失い、1791年11月16日に解任され、ナントに隠遁した。1793年末に逮捕され、反革命分子としてシャン・ド・マルスで処刑された。
引用元:ジャン=シルヴァン・バイイ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%EF%BC%9D%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%A4

ジャン=ルイ・ポン(Jean-Louis Pons、1761年12月24日 – 1831年10月14日) はフランスの天文学者である。1801年から1827年にかけて37個の彗星を発見した。これは歴史上の彗星発見者の中で最多である。姓はポンスとも表記する。

ポンは5個の周期彗星を発見しているが、今日彼の名前で呼ばれているのはそのうち3個である。彼の発見した周期彗星の一つに、1818年11月26日に発見したエンケ彗星がある[注 1]。エンケ彗星は後にその軌道を計算し、非常に短い周期をもつことを示したヨハン・フランツ・エンケの名前が付けられた。ポンはクロンメリン彗星も共同発見しており、この彗星は以前は Pons-Coggia-Winnecke-Forbes 彗星と呼ばれていた。現在は軌道を計算したアンドリュー・クロンメリンの名前がつけられている。ポンの名前が付いている周期彗星は 7P/ポンス・ヴィネッケ彗星、12P/ポンス・ブルックス彗星、そして1827年に発見したが行方不明となり、2012年に再発見された273P/ポンス・ガンバール彗星である。
引用元:ジャン=ルイ・ポン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%EF%BC%9D%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%83%B3

ジョヴァンニ・ドメニコ・カッシーニ(伊: Giovanni Domenico Cassini、1625年6月8日 – 1712年9月14日)は、イタリア出身のフランスの天文学者。パリ天文台の初代台長でもあった。ジェノヴァ共和国のペリナルドで生まれ、1673年にフランスに帰化してジャン=ドミニク・カッシーニ[1]と名乗った。土星の4つの衛星を発見したほか、惑星観測で様々な功績を残している。
引用元:ジョヴァンニ・カッシーニ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%8B