ゲッキツ月橘



「シルクジャスミン」の名前でも
知られるミカン科の観葉植物です
月橘
ゲッキツ(答)
53%

ゲッキツ(月橘、Murraya paniculata)はミカン科ゲッキツ属の常緑小高木の柑橘類。観葉植物としてよく栽培される。

特徴[編集]
奄美大島以南、沖縄から東南アジアにかけて分布する。葉は奇数羽状複葉でつやがある。幹や枝は白っぽく表面がなめらか、花はミカンなどに似て白く、夏に開花しジャスミンに似た芳香を放つ。果実は直径1cmほどで赤く熟し食べられる。

月橘の名は花が月夜に特によく香るためといわれる。別名としてイヌツゲ(ただしモチノキ科にイヌツゲという標準和名の植物が存在する)、九里香、英語名オレンジジャスミン、シルクジャスミンなどともいう。また、コスメティックバークという異名ももち、葉と根は血行促進、鎮静作用、抗炎症作用があるとされる。ジャスミンの名がつくが、ジャスミンティーなどに使われるいわゆるジャスミンはモクセイ科であり別種である。

同じ属のオオバゲッキツはカレーリーフとも呼ばれ、葉が南インド料理の材料として使われる。
引用元:ゲッキツ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%84


引用元:File:Murraya paniculata flowers2.JPG – 维基百科,自由的百科全书 https://zh.wikipedia.org/wiki/File:Murraya_paniculata_flowers2.JPG