1方向「黒雲母」「滑石」


次の鉱物を
へき開の種類ごとに
グループ分けしなさい
33%

なし1方向
黒雲母
石英
かんらん石

164oXrAanSRYP
166wttCABhSDF
鉱物が、特定の方向に割れたり
はがれたりすることを
「劈開」といいますが

不規則に割れたり
はがれたりすることを
「◯◯」という?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
だんこう
「断口」
引用元:ベスビアナイト「アイドクレース」 ムーンストーン「アノーソクレース」 「スカルン鉱床」 クレースklasis「劈開・割れ目」由来?「劈開と断口」 http://seethefun.net/%E7%90%86%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/4715/

劈開(へきかい、英: cleavage)とは、結晶や岩石の割れ方がある特定方向へ割れやすいという性質をもつ。これをへき開という。鉱物学、結晶学、岩石学用語である。宝石の加工や、工学の分野で重要な性質の1つ。

岩石を構成する造岩鉱物は結晶構造由来の結晶面をもつ。この面では原子間の結合力が弱くこの面に沿って割れやすい。へき開によってできた結晶面をへき開面という。この性質は、物の硬さを表す硬度以外に、物の衝撃による脆さを表す脆性(靱性)とも関係する。
造岩鉱物の結晶では雲母や方解石、蛍石などは、結晶面での原子間の結びつきが非常に弱いため完全なへき開となるが、一方で石英(または石英の結晶である水晶)や柘榴石では結晶面での原子間の結びつきが強く、へき開を起こす前に応力で破断してしまうためへき開がみられない。ダイヤモンドは「完全」なへき開があり、正八面体の面に対して平行に割れる。この性質がダイヤモンドの加工をある程度容易にしている。

輝石と角閃石はよく似ており、ともに2方向にへき開面をもつが、輝石ではへき開面がほぼ直角に交わるという違いがあり、このことが鑑定に利用される[1]。
引用元:へき開 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B8%E3%81%8D%E9%96%8B

※かつて,石英や黄銅鉱などはへき開がないとされていたが,鉱物には規則正しい原子配列があり(結晶質),その原子同士の結びつきが相対的に弱い方向は必 ず存在するので,へき開はある。石英(水晶)では柱を斜めに切るように割れる不明瞭なへき開がある。
 
(例外的に原子配列が不規則な非晶質の鉱物(例:オパール,完全にメタミクト化した鉱物など)以外は,全てへき開 がある。)

へき開の方向
1つの鉱物の結晶におけるへき開の方向は,1方向,2方向, 3方向,4方向,6方向にある場合が挙げられる。

へき開が1方向にあるもの(板状にうすくはげるように割れる)
石墨,輝水鉛鉱,雲母類,緑泥石,滑石,魚眼石など

へき開が2方向にあるもの(柱状に割れる)
長石類,輝石類,角閃石類など

裂開
へき開以外で鉱物が平滑に割れることがあり,それを裂開とい う。裂開は結晶の双晶境界・離溶境界のひずみによる脆弱性,結晶成長時に生じた微細な包有物(不純物)の平面的 配列など に起因する。
引用元:鉱物の割れ方 http://www2.city.kurashiki.okayama.jp/musnat/geology/mineral-rock-sirabekata/mineral44/mineral-warekata/mineral-warekata.html