ベンベニスト


1991年に第1回イグノーベル
化学賞を受賞したフランス人
ベンベニスト(答)
29%
Benveniste

ジャック・バンヴェニスト(Jacques Benveniste, 1935年3月12日 – 2004年10月3日)はフランス・パリの免疫学者。1979年に血小板活性化因子(PAF)の構造とヒスタミンとの関係についての著名な論文を発表した。フランス国立保健医学研究所(INSERM)の免疫学やアレルギー、炎症を扱う部門UNIT 200の責任者であった。
「水は以前その水に溶けていたものを覚えている(水の記憶)」さらには「水が記憶した情報を、電話回線を使って遠隔地へ送信できる」などの、いわゆるホメオパシーに関する、科学的に完全に否定される内容の研究発表を行い、1991年と1998年にイグ・ノーベル賞を受賞している[1]。
引用元:ジャック・バンヴェニスト – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%8B%E3%82%B9%E3%83%88

受賞名 受賞者 受賞理由 備考
化学賞 ジャック・バンヴェニスト
(多作な改宗勧誘者にして、『ネイチャー』への熱心な寄稿者) 水が知性的な液体であるというしつこい発見と、水はある出来事の痕跡が完全に消滅した後、しばらく経ってもそれを覚えていられるという、彼のお気にめす結果を立証したことに対して。 バンヴェニストは、ホメオパシーの根拠となるような論文を国際的な学術誌『ネイチャー』に投稿し、同誌に掲載された。
後に反証実験が行われ、バンヴェニストの実験には再現性がないということが確認されている。

化学賞 ジャック・バンヴェニスト(フランス) 水は記憶を持つだけでなく、その情報を電話線やインターネットで送信することもできるというホメオパシー的発見に対して。 バンヴェニストは1991年に続いて2度目の受賞。
引用元:イグノーベル賞受賞者の一覧 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%B0%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E8%B3%9E%E5%8F%97%E8%B3%9E%E8%80%85%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7