「クルペオ」ギツネ


南米大陸のい西部に生息している
大型のキツネは◯◯◯◯ギツネ?
クルペオ(答)
18%
クルペオギツネ

クルペオギツネ(学名:Lycalopex culpaeus)は、南米に棲息するイヌ科動物の一種。南米大陸において、タテガミオオカミに次いで二番目に大きい在来のイヌ科動物である。外見上はアカギツネとの類似点が多い。灰色と赤みがかった色の毛皮、白い顎、赤みがかった脚といった特徴があり、また背中には縞があるが、これはほとんど見えない。
齧歯類やウサギ類、鳥類、トカゲ類を主な餌とするが、植物質や腐肉も食べる。時折ヒツジを襲うことがあるため、しばしば駆除の対象となる[2]。地域によっては希少となっているが、種全体としては絶滅のおそれはない。

分布[編集]
エクアドルおよびペルーから、パタゴニア南部とティエラ・デル・フエゴにかけて分布する。一部の個体群はコロンビアの南部に生息する。アンデス山脈西側の斜面に最も多く、そこでは開けた地と落葉樹林に見られる。フォークランド諸島西端の一部にもいるが、これは人為的に導入されたものである。
引用元:クルペオギツネ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%9A%E3%82%AA%E3%82%AE%E3%83%84%E3%83%8D