「NEXRAD」NEXt-Generation RADar


アメリカ海洋大気庁・NOAA
が運用する気象レーダー網
NEXRAD(答)
9%
NEXt-Generation RADar

NEXRAD (NEXt-Generation RADar) は、アメリカ合衆国商務省の海洋大気庁内の国立気象局が運用する、159地点に設置されたドップラー式の高解像度気象レーダー網である[1]。技術的な正式名称は”WSR-88D”で、Weather Surveillance Radar, 1988, Doppler(「1988年のドップラー式気象監視レーダー」)という意味が込められている。

>概要[編集]
NEXRADは降水と風を検知する。処理されたデータはモザイク様の地図上に表示され、降水の傾向とその移り変わりを確認できる。本レーダーシステムは、オペレーターによって選択可能な2つの基本モードを備えている。1つは、クリアエアモード (clear-air mode) と呼ばれる低速スキャンモードで、対象地域でほとんど大気の動きが確認できない場合に大気移動の分析に用いられる。もう1つは、降水モード (precipitation mode) と呼ばれ、活発な気象現象を捉えるため、より高速なスキャンが実行される。NEXRADはアルゴリズムと自動ボリュームスキャンの使用等、自動化されたシステムである点が重要視される。
引用元:NEXRAD – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/NEXRAD

Radar Product Central Collection/Distribution Service (RPCCDS)

Next Generation Weather Radar (NEXRAD) makes conventional reflectivity observations and also uses the “Doppler effect” to measure motion of clear air and atmospheric phenomena within storms. The maximum range of NEXRAD is 230 kilometers (125 nautical miles). Although NEXRAD is land-based, there is some radar coverage offshore. The greatest offshore coverage is along the Atlantic and Gulf coasts.
引用元:NEXRAD http://www.nws.noaa.gov/os/marine/nexrad.htm