巨大隕石の衝突「月の兎」


2012年に「月の表面のうさぎ形の
模様は、大地震によって地面が
できた盆地である」ことが
確認された
×(答)
67%

526seFyLok
次の四字熟語を
◯に入る動物の漢字ごとに
グループ分けしなさい

備考
金烏玉◯「金烏玉兎」きんうぎょくと
歳月のこと
鳶目◯耳「鳶目兎耳」えんもくとじ
報道関係者のこと
陶犬瓦◯「陶犬瓦鶏」とうけんがけい
形だけで役立たないもの
欣喜◯躍「欣喜雀躍」きんきじゃくやく
大喜びすること

引用元:「烏兎怱怱」うとそうそう 歳月が早いこと「金烏玉兎」きんうぎょくと「歳月・金烏(太陽)玉兎(月)」 「鳶目兎耳」えんもくとじ「優れた観察力・報道関係者」 「陶犬瓦鶏」とうけんがけい「形だけの無用のもの」 http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/18042/

月の兎(つきのうさぎ)は、「月に兎がいる」という伝承にまつわる伝説。中国では玉兎(ぎょくと)、月兎(げつと)などと呼ばれる。

月の模様について[編集]
2012年10月29日、 産業技術総合研究所が月周回衛星「かぐや」の収集データを分析したところ、月の兎の形は39億年以上前[6]に巨大隕石の衝突によりプロセラルム盆地ができ、こんにち地球から見える月の兎が巨大隕石の衝突によってできたものと証明された[7][8]。
引用元:月の兎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%88%E3%81%AE%E5%85%8E

概要

 独立行政法人 産業技術総合研究所【理事長 野間口 有】(以下「産総研」という)情報技術研究部門【研究部門長 伊藤 智】ジオインフォマティクス研究グループ 中村 良介 研究グループ長と石原 吉明 研究員は、月探査衛星「かぐや」が月表面を網羅する約7000万地点で取得した200億点以上の可視赤外線反射率スペクトルのデータをデータマイニング手法を用いて解析し、地球から見た月の表側と裏側の地形の違いの原因と考えられている月への超巨大衝突の痕跡を発見した。
 月には光の反射率が低くクレーターの少ない「海」と呼ばれる領域と、光の反射率が高くクレーターの多い「高地」と呼ばれる領域がある。「海」は地球に面した表側に多く、裏側にはほとんどない。また裏側は表側より標高が高く地殻が厚い。この月の表裏の「二分性」は、月の形成初期の超巨大衝突によって表側の「高地」を構成する地殻物質の多くが取り除かれたためではないかと考えられている。今回、可視赤外線反射率スペクトルデータに対して、クラス分類というデータマイニング手法を適用し、衝突溶融物に多く含まれる低カルシウム輝石の分布状況を調べた。その結果、月の表側にあるプロセラルム盆地に対応する直径3000 kmもの円状の分布を発見した。これは、超巨大衝突によって生成した衝突溶融物によるものと考えられ、月の形成初期の超巨大衝突を、初めて観測データによって裏付けることができた。
引用元:産総研:月の表と裏の違いをもたらした超巨大衝突を裏付ける痕跡を発見 http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2012/pr20121029/pr20121029.html