「北投石」岡本要八郎、神保小虎



1905年に台湾の温泉地で
鉱石の一つ「北投石」を
発見した日本の鉱物学者は
岡本要八郎ですが

これを「北投石」と命名した
日本の鉱物学者は?
岡本要八郎
坪井誠太郎
神保小虎(答)
川上瀧彌
-%

北投石(ほくとうせき、英語: hokutolite)は北投温泉で発見された鉱物で、学術的には独立種とはいえず「含鉛重晶石」と呼ばれ重晶石の亜種として扱われる。世界でも台湾台北州七星郡北投街(現在の台北市北投区)の北投温泉と日本秋田県の玉川温泉からしか産出しない。
1905年(明治38年)に地質学者岡本要八郎が瀧乃湯で入浴した帰りに付近の川で発見された。その後、この鉱物がラジウム等を含み放射性を持つ北投温泉独特の鉱物(後に玉川温泉で産出する物も同じ物であると認定された)であるとされた。1913年(大正2年)に東京帝大の鉱物学者神保小虎によって命名され、1933年(昭和8年)に台湾総督府によって天然記念物に指定された。
台湾(中華民国)でも、2000年に北投石は「自然文化景觀」に指定されている。
引用元:北投石 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%8A%95%E7%9F%B3

北投石
ほくとうせき
hokutolite

台湾、台北市郊外北投温泉原産の少量の鉛などを含む重晶石の一変種で、微量のラジウムを含むため放射能を有する。1913年(大正2)鉱物学者神保小虎(じんぼことら)によって命名され、最初は新鉱物の取扱いを受けていたが、現在は独立種として認められていない。淡褐色で粉末状からかなり粗粒の集合体として産する。同類のものは秋田県玉川温泉などから発見されているが、原産地のものに比べて鉛の含量は低い。[加藤 昭]
引用元:北投石(ほくとうせき)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%8C%97%E6%8A%95%E7%9F%B3-132768

岡本 要八郎(おかもと ようはちろう、1876年1月13日 – 1960年3月28日)は、愛知県中島郡[1](現・一宮市)出身の地質学者。初めて台湾の鉱物を採集した事で知られる。北投善光寺に彼の頌徳碑が現存する。
著書に『台湾鉱物調查報告』(1911年)、『台湾産北投石調查報告文』(1916年)、『福岡県鉱物誌』(1944年)などがある。

>1899年4月に台湾へ渡航し、台湾総督府国語学校の教諭として現地台湾人の教育に当たる。翌年、角板山への鉱物採集旅行後、台湾の鉱物に関する研究を開始する。明治38年(1905年)北投温泉の公衆浴場瀧乃湯にて入浴をした帰りに北投石を発見する。1907年には特殊な結晶の存在を確認し、1912年11月12日この鉱物を北投石と命名した。
引用元:岡本要八郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E6%9C%AC%E8%A6%81%E5%85%AB%E9%83%8E

神保小虎
じんぼことら
(1867―1924)

地質・鉱物学者。江戸の生まれ。1887年(明治20)帝国大学地質学科を卒業し、南部北上山地の地質調査を行った。のち北海道庁技師となって北海道の地質調査で成果をあげ、ドイツのベルリン大学に留学した。1894年、母校の助教授で鉱物学担当の菊池安(きくちやすし)(1862―1894)の急逝により、ただちに鉱物学の研究に方向をかえた。翌1895年帰国、母校の助教授を経て、1896年に教授となった。1907年(明治40)鉱物学教室が設置され、その主任となったが、在職中に病没した。おもな業績は『日本鉱物略記』(1899)をはじめとして、和田維四郎(わだつなしろう)の『日本鉱物誌』(1904)出版の手助け、のちにその増補改訂を滝本鐙三(たきもととうぞう)、福地信世(ふくちのぶよ)(1877―1934)とともに行い、『日本鉱物誌(再版)』(1916)を公表したことなどがあげられる。そのほか地質学関係で数多くの貴重な成果を世に出したが、とくに「北海道白亜紀層動物群の知見」は著名である。なお、1962年(昭和37)に発表された栃木県の加蘇(かそ)鉱山(閉山)が原産地のマンガンホウ酸塩新鉱物は神保石と命名されている。[松原 聰]
引用元:神保小虎(じんぼう ことら)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E7%A5%9E%E4%BF%9D%E5%B0%8F%E8%99%8E-1083233