オロヒップス ミオヒップス パラヒップス


次の「馬の祖先」とされる動物を
地球上に登場した順に選びなさい
オロヒップス
ミオヒップス
パラヒップス
31%

366qNKRCcM
次の「馬の祖先」とされる動物を
地球上に登場した順に選びなさい
ヒラコテリウム
エピヒップス
パラヒップス

CIMG0379cEBWFRIurEda
次の「馬の祖先」とされる動物を
地球上に登場した順に選びなさい
メソヒップス
ヒッパリオン
エクウス・スコッティ

CIMG4190euqBIqCeaTVu
次の「馬の祖先」とされる動物を
地球上に登場した順に選びなさい
エピヒップス
ミオヒップス
パラヒップス

CIMG5522
次の「馬の祖先」とされる動物を
栄えた時代が古いものから順に
選びなさい
エピヒップス
パラヒップス
メリキップス

問題文が違うため、おそらく2問有るようです。選択肢を全部まとめると、


次の「馬の祖先」とされる動物を
地球上に登場した順に選びなさい
順番当て
つぎの「馬の祖先」とされる動物を
栄えた時代が古いものから順に
選びなさい
ヒラコテリウム Hyracotherium
オロヒップス Orohippus
エピヒップス Epihippus
メソヒップス Mesohippus
ミオヒップス Miohippus
カロバティップス Kalobatippus
パラヒップス Parahippus
メリキップス Merychippus
プリオヒップス Pliohippus
ヒッパリオン Hipparion
ディノヒップス Dinohippus
プレシップス Plesippus
エクウス・スコッティ Equus scotti

CIMG0675bVOVRHIogRAb
中新世に生息していたウマの祖先
メリキップス(答)

CIMG5999yZVlDmKGIkxI
前足を高く上げる姿が美しく
馬車向けの最上級の品種である
ノーフォーク種などの交配で
生まれたウマは?
ガニラルー
ンクナハモ
ハクニー(答)

CIMG5993
青森県の尻屋崎周辺で飼育されて
いる、改良型の農用馬です
寒立馬
かんだちめ(答)

線結び
次の日本在来種であるウマとそれが生息する県の正しい組み合わせを選びなさい
対州馬───長崎県
御崎馬───宮崎県
野間馬───愛媛県
宮古馬───沖縄県
トカラ馬───鹿児島県

当項目ではウマの進化の歴史について記述する。
現代の馬までの進化の軌跡は他の動物のものよりも化石の出土数も多く信頼性が高い。ウマ科を含む奇蹄目はK-T境界の後1000万年までの暁新世後期に誕生した。奇蹄目は元々、熱帯林での生活に順応していたが、バク科とサイ科が森に適応したのに対し、ウマは草原などステップ地帯での生活に適応した。その過程において、次第に背が高くなり、足指では中指の発達と平行して他の指の退化が進むなど、一定方向への系統的な変化が見て取りやすいことから、系統化石の好例とされる。
>ヒラコテリウム[編集]
現在、最も古いと考えられているウマ科動物はヒラコテリウム(Hyracotherium)である。ヒラコテリウムの化石は18世紀にヨーロッパで見つかり、リチャード・オーウェンによって「ハイラックス様の獣」を意味するヒラコテリウムと名づけられた[1]。

>オロヒップス[編集]
約5000万年前、始新世中期にヒラコテリウムはオロヒップス(Orohippus)へと進化した。オロヒップスとは山のウマを意味するが、実際にはオロヒップスは山には住んでいなかった。

>エピヒップス[編集]
約4700万年前、オロヒップスはより大きな臼歯を持つエピヒップス(Epihippus)へと進化した。デュシェーヌヒップス中間型(Duchesnehippus intermedius)と呼ばれた後期のエピヒップスには、漸新世のウマ科と同じ歯があった。

>ミオヒップス[編集]
約3600万年前、メソヒップスへの進化のすぐ後にミオヒップス(Miohippus)は誕生している。メソヒップスとミオヒップスの間の化石はいくつか見つかっているが、ミオヒップスの登場は比較的突然であった。ミオヒップスはメソヒップスが段階的に進化したとされていたが、その後分岐進化であることが研究結果から明らかとなっている。今日ではミオヒップスはメソヒップスの亜種から進化し、長い間メソヒップスとミオヒップスが共存していたことが知られている[6]。

>パラヒップス[編集]
草原に残ったミオヒップスはパラヒップス(Parahippus)へ進化した。パラヒップスは小さいポニーほどの大きさで、現在の馬に似た頭蓋骨と顔の構造を持っていた。第3指はより強靭になり体重を支えていた。パラヒップスの歯冠は鋭くなった。

>メリキップス
中新世中期にはメリキップス(Merychippus)が繁栄していた。メリキップスにはステップ地帯の硬い草をすり潰すのに使用されたとされるパラヒップスより大きな大臼歯があった。後脚の第2指と第4指は短くなり、走るときだけ地面に触れていたと考えられている[3]。メリキップスは少なくとも19種類の種に分岐した。

>プリオヒップス[編集]
プリオヒップス(Pliohippus)は約1200万年前、中新世中期にカリップス(Calippus)から進化した。プリオヒップスはエクウスとよく似た外見をしていた。蹄の両側にある2本の指は、ほぼ完全に退化しており、脚としての機能は完全に消失していた。プリオヒップスは長く細い脚を手に入れたことで、より速く走ることができるようになった。
引用元:ウマの進化 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%9E%E3%81%AE%E9%80%B2%E5%8C%96

ハクニー (Hackney) とは、中間種、乗系種に分類される馬の品種のひとつである。ハクネーとも。ハクニー歩様という脚を高く上げて馬車を引く優雅な仕草で知られ、馬車用としては最上級の品種。馬車競技に用いられるため輓系とされることもある。
引用元:ハクニー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%AF%E3%83%8B%E3%83%BC

寒立馬(かんだちめ)は、青森県下北郡東通村尻屋崎周辺に放牧されている馬。厳しい冬にも耐えられるたくましい体格の馬である。南部馬の系統で足が短く胴が長くて、ずんぐりしている[1]。現在の形になるまでに、ブルトン種などの外来種との交配がなされた(外部リンク参照)。
引用元:寒立馬 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%92%E7%AB%8B%E9%A6%AC