「図南鵬翼」「雲中白鶴」「玩物喪志」


次の文字列を組み合わせて
正しい四字熟語にしなさい
図南───鵬翼
雲中───白鶴
玩物───喪志
54%

読み方 となん(の)ほうよく
意味 大事業や海外進出などの大きな計画を立てること。
大きな目標を立てて、その目標を達成しようとすることをいう。
「図南」は南の海へ行こうと計画すること。
「鵬」は伝説の大きな鳥。
鵬が南の海を目指して飛びたったという説話から。
出典 『荘子』「逍遥遊」
類義語 図南之翼(となんのよく)
引用元:「図南鵬翼」(となん(の)ほうよく)の意味 http://yoji.jitenon.jp/yojii/4363.html

「雲中白鶴」について
読み方 うんちゅうのはっかく
意味 世俗を超越した、心の清らかな人のたとえ。
白い雲の中にいる白い鶴のことで、心が清らかで、気高く立派な人物をたとえた言葉。
出典 『三国志』「魏書」
類義語 雲間之鶴(うんかんのつる)
引用元:「雲中白鶴」(うんちゅうのはっかく)の意味 http://yoji.jitenon.jp/yojif/2901.html

「玩物喪志」について
読み方 がんぶつそうし
意味 必要の無いものに夢中になって、大切なことをなおざりにすること。
「喪志」は本来の目的を忘れること。
人を好き放題に扱えば自身の徳を失い、物に執着すれば志を失くしてしまうという意味で、中国の周の召公が文王に説いたとされる言葉。
「物を玩べば志を喪う」とも読む。
出典 『書経』
引用元:「玩物喪志」(がんぶつそうし)の意味 http://yoji.jitenon.jp/yojii/4435.html