ヴォートラン


バルザックの小説『ゴリオ
爺さん』に登場する謎の大男です
ヴォートラン(答)
60%

055FHBTtIr
次の文学作品を
書かれたのが
早い順に選びなさい
『ガリバー旅行記』 1726スウィフト
『ゴリオ爺さん』 1835バルザック
『不思議の国のアリス』 1865ルイス・キャロル
『月と六ペンス』 1919モーム
『静かなるドン』 1926ショーロホフ
引用元:『谷間のゆり』フェリックスとアンリエット 1835バルザック『ゴリオ爺さん』1865キャロル『不思議の国のアリス』1919モーム『月と六ペンス』 http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/25221/

『ゴリオ爺さん』(ゴリオじいさん、仏:Le Père Goriot)は、19世紀フランスの文豪オノレ・ド・バルザックにより、1835年に発表された長編小説で代表作。作品集『人間喜劇』のうち「私生活情景」に収められた。1819年のパリを舞台に、子煩悩な年寄りゴリオ、謎のお尋ね者ヴォートラン、うぶな学生ウージェーヌ・ラスティニャックの3人の生き様の絡み合いを追う。

大衆受けする作品で、しばしば映像化や舞台化がなされている。また、サマセット・モームは、『世界の十大小説』の一つに挙げている。なお、この作品の影響で、「ラスティニャック」は、フランス語で’出世のためならどんな手も使う野心家’をさす代名詞となった[1]。

あらすじ[編集]
小説はパリ、ヌーヴ=サント=ジュヌヴィエーヴ通り(現トゥルヌフォール通り、5区)にある下宿屋ヴォケール館の、延々とつづく叙述から始まる。この館の住人の中に、法学生ウージェーヌ・ド・ラスティニャック、ヴォートランという名の謎めいたアジテーター、そして隠居したヴァーミセリ作り(製麺業者)のジャン・ジョアシャン・ゴリオという老人がいた。この老人はいつも他の下宿人たちから嘲り笑われていたが、彼らは程なく、この老人が上流階級に嫁いだ二人の娘に金を工面するために破産してしまったことを知る。
引用元:ゴリオ爺さん – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%82%AA%E7%88%BA%E3%81%95%E3%82%93