高島城


諏訪湖に浮かぶように作られた
ことから「諏訪の浮城」という
別名で呼ばれた、長野県諏訪市
にあった城は◯◯城?
小峰
栃代
松尾
高島(答)
51%
「高島城」


現在の長野県にあった城
1598年に築城
設計は日根野高吉
諏訪の浮城
松本城
龍岡城
上田城
高島城(答)


以前の名前は「深志城」
武田氏が本拠とする
別名は「烏城」
長野県にあるお城
松本城(答)

連想
現在の長野県にあった城
1867年に築城
JR小海線の駅名
星型の五稜郭
龍岡城(答)

タイピング
真田昌幸により築城され、二度にわたる徳川軍の攻撃を撃退した現在の長野県にあったお城は?
うえだじょう(答)
上田城」

高島城(たかしまじょう)は、長野県諏訪市高島にあった日本の城。別名は諏訪の浮城や島崎城と呼ばれている。

概要[編集]
城郭の形式は連郭式平城である。かつては諏訪湖に突き出した水城で「諏訪の浮城(すわのうきしろ)」と呼ばれていたが、江戸時代初めに諏訪湖の干拓が行われ、水城の面影は失われた。しかし、浮城の異名を持っていたことから日本三大湖城の一つに数えられている。

日根野氏によって総石垣造で8棟の櫓、6棟の門、3重の天守などが建て並べられ近世城郭の体裁が整えられたが、軟弱な地盤であったため、木材を筏状に組み、その上に石を積むなどの当時の最先端技術が用いられた。それでも石垣が傷みやすく、度々補修工事を加える必要があったという。7年間の短期間で築城したため、かなり無理をしたらしく、地元では「過酷な労役に苦しんだ」「石材を確保するため、金子城の石材は全て持ち出したほか、墓石、石仏も用いられた(転用石)」などの伝承が残る。
引用元:高島城 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%B3%B6%E5%9F%8E

日根野 高吉(ひねの たかよし)は、戦国時代の武将。信濃諏訪藩(高島藩)の初代藩主。

はじめ美濃斎藤氏に仕えた。斎藤氏滅亡後は織田信長に仕え、信長没後は織田信孝を経て、羽柴秀吉に仕えた。天正18年(1590年)の小田原征伐で山中城を攻略した功績を賞されて、信濃高島に3万8000石(寛政重修諸家譜では2万7000石)を与えられ、「諏訪の浮城」と呼ばれた高島城を7年かけて築城している。文禄の役では肥前名護屋に駐屯した。伏見城築城でも功を挙げている。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは東軍に与していたが、本戦直前の6月26日に急死した。享年62。跡を嫡男の吉明が継いだ。
引用元:日根野高吉 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%A0%B9%E9%87%8E%E9%AB%98%E5%90%89