エロイーズ


フランスの哲学者・アベラール
との往復書簡で知られる彼の弟子
エロイーズ(答)
72%


エロイーズとの往復書簡で
知られるフランスの哲学者
アベラール(答)

エロイーズ(Héloïse、[ˈɛloʊ.iːz]または[ˈhɛloʊ.iːz]; フランス語: [elɔˈiz]; 1090?[1]/1100? – 1164年5月16日)はフランス人の修道女であり、作家であり、学者であった。また、彼女はピエール・アベラールとの恋愛関係や手紙のやり取りで大変有名な女子修道院長でもある。
引用元:アルジャントゥイユのエロイーズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%A5%E3%82%A4%E3%83%A6%E3%81%AE%E3%82%A8%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%BA

ピエール・アベラール(Pierre Abélard 、1079年 – 1142年4月21日)は中世フランスの論理学者・キリスト教神学者。「唯名論」学派の創始者として知られ、後にトマス・アクィナスらによって集成されるスコラ学の基礎を築いたとされる。弟子であるアルジャントゥイユのエロイーズとのロマンスでも有名。ラテン語式のペトルス・アベラルドゥス(Petrus Abaelardus)という名前でも知られる。

1117年頃、アベラールはノートルダム大聖堂参事会員フュルベールの姪エロイーズ(1101-64)を知った。エロイーズは容貌もよく、学問に優れていたため国内でも有名であった。アベラールはエロイーズに魅力を感じ、フュルベールに住み込みの家庭教師となることを申し出た。20歳以上年の離れていた2人は熱烈な恋に陥り、やがてエロイーズは妊娠した。アベラールはエロイーズをひそかにブルターニュの妹のところに送り、そこで男の子アストロラブが生まれた。このスキャンダルに叔父フュルベールは激怒したが、アベラールは和解を申し出て、エロイーズと秘密の結婚をした。しかし叔父が和解の条件を守らないことやエロイーズを虐待することなどから、エロイーズをアルジャントゥイユ修道院に移した。これにフュルベールは激怒し、縁者らにアベラールを襲撃させ、局部を切断させた。アベラールは後にこれを「罪を犯したところに罰を受けた」といっている(後出の第一書簡)。実行犯2人は捕らえられ、眼をえぐられ、陰部を切除された。この事件の後、アベラールはパリを離れてサン・ドニ修道院に移り、修道士となり、エロイーズはアルジャントゥイユ修道院の修道女になった。
引用元:ピエール・アベラール – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%99%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%AB


アベラールとエロイーズ 愛の往復書簡
数奇な運命を辿った男女の名高い恋文.新訳.

世にも名高い恋の顛末──アベラールの自伝「厄災の記」が語る神学者の栄光と蹉跌,運命の出会いと去勢事件,修道士への転身と教会の迫害.神に身を献げた男に,出産と秘密結婚をへて今や「神なき修道女」となったエロイーズがなおも綴る想いとは? 中世古典の白眉から名高い手紙を新訳.男の最期を伝える資料を付す.
引用元:アベラールとエロイーズ 愛の往復書簡 – 岩波書店 https://www.iwanami.co.jp/book/b247124.html