ムージル『三人の女』『特性のない男』


オーストリアの作家
『三人の女』
『若いテルレスの惑い』
『特性のない男』
ロベルト・ムージル(答)
ヘルマン・ブロッホ
シュテファン・ツヴァイク
ジュリアン・グラック
40%


小説『特性のない男』で有名な
オーストリアの作家です
ムージル(答)

文字パネル
『若きテルレスの惑い』『特性のない男』などの小説で有名なオーストリアの作家はロベルト・〇〇〇〇?
ムージル(答)

ローベルト・ムージル (Robert Musil、1880年11月6日 – 1942年4月15日)は、オーストリアの小説家。

その後短編集『合一』(1911)、『三人の女』(1924)、『生前の遺稿集』(1935)などを発表、客観的で透徹した認識を保ちながら、理性や言語を超えた神秘的とも言える世界を追求する。1919年、「特性のない男」の仕事に本格的に取り組む。
ムージルの名を世界的なものにしたのは、唯一の長編にして未完の大作『特性のない男』である。第一次世界大戦直前のウィーンを舞台にしたこの小説の執筆し、1930年には「特性のない男」第一巻(第一部、第二部)がローヴォルト社から五千部出版された。ムージルは1931年に再びベルリンに移るものの、1933年ナチスの政権奪取後はウィーンに戻り、1938年にはスイスに亡命、この時彼の書物は発禁処分を受ける。最後はジュネーヴでこの大作の完成に心血を注ぐが、1942年シャワー室の中で脳卒中のため急死した。
引用元:ロベルト・ムージル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%AB

特性のない男
とくせいのないおとこ
Der Mann ohne Eigenschaften

オーストリアの作家ムシルの長編小説。第一巻1930年、第二巻の前半部のみ33年刊。長期的には1900年ころから、短期間にみれば1920年ころから構想されて、ムシルが生涯をかけてもなお未完に終わった。第一巻では、現実を可能性のほんの一部の実現した世界としかみなさない主人公ウルリヒの、この可能性を目覚ます感覚を梃子(てこ)にして、第一次世界大戦前夜のオーストリア老大国の古都ウィーンにおける支配層の閉塞(へいそく)した精神風土の大規模な分析解明が実験的に行われ、その破砕された現実の裏から自由な可能性の新風が吹き付ける。第二巻では、ウルリヒと妹アガーテとの愛の可能性が厳密に一歩一歩追求されて、神なき時代の神秘的な合一のみごとな瞬間が描き出される。[加藤二郎]
『高橋義孝他訳『特性のない男』全六冊(1964~66・新潮社) ▽加藤二郎他訳『特性のない男』全四冊(1965~66・河出書房新社)』
引用元:特性のない男(とくせいのないおとこ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E7%89%B9%E6%80%A7%E3%81%AE%E3%81%AA%E3%81%84%E7%94%B7-104793

三人の女・黒つぐみ
著者 ムージル 著 , 川村 二郎 訳

愛する少女トンカの不貞と妊娠.疑いようもない事実を前に困惑しながらも,恋人の青年はなお不貞を否認する彼女の言葉を信じようとする.限りなく哀切な愛の物語「トンカ」をはじめ,「グリージャ」「ポルトガルの女」の三篇からなる短篇集『三人の女』に,日常世界への神秘の訪れを語った短篇「黒つぐみ」を併収.
引用元:三人の女・黒つぐみ – 岩波書店 https://www.iwanami.co.jp/book/b247801.html