スヌーピー美術館


2016年4月、東京の六本木に
シュルツ美術館の分館として
オープンしたのは◯◯◯◯◯
ミュージアム? ◯を答えなさい
スヌーピー(答)
26%

「スヌーピーミュージアム」が2016年4月23日(土)、東京・六本木に開館する。

スヌーピーファンの聖地と言われるチャールズ M. シュルツ美術館の世界初のサテライト(分館)となる本ミュージアムでは、スヌーピーたちが活躍するコミック『ピーナッツ』の原画をはじめ、作者チャールズ M. シュルツの初期の作品、貴重なヴィンテージグッズや資料等を半年毎に入れ替えて紹介する。
引用元:スヌーピーミュージアムが六本木にオープン – 世界初公開の「ピーナッツ」原画や貴重なグッズを特別展示 | ファッションプレス https://www.fashion-press.net/news/18216

ようこそ、スヌーピーミュージアムへ
それは、アメリカ・カリフォルニア州サンタローザからはじまりました。スヌーピーファンの聖地「シュルツ美術館」。その世界初のサテライトとして、2016年、東京・六本木に誕生しました。ひとりで、ふたりで、家族と、誰とでも。訪れるたびにしあわせな気持ちになれる場所。ともだちは、みんな、ここにいる。
引用元:ミュージアムについて | SNOOPY MUSEUM TOKYO http://www.snoopymuseum.tokyo/about/

チャールズ・モンロー・シュルツ(Charles Monroe Schulz, 1922年11月26日 – 2000年2月12日)は、アメリカ合衆国の漫画家。代表作である『ピーナッツ』でよく知られている。

シュルツが13歳の時に飼った雑種の犬の「スパイク」はある程度人間の言葉を理解しているとしか思えないような行動をとったり、かみそりを食べてしまうという変な犬で、後にスヌーピーの原型になった(「スパイク」という名はスヌーピーの兄弟の名として使われている)。この犬を描いた絵が新聞に掲載され、これが初めて印刷されたシュルツの漫画となった。
引用元:チャールズ・M・シュルツ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%83%BBM%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%AB%E3%83%84