花の弟、此の花、隠逸花


次のうち、菊の花を表現した
言葉を1つ選びなさい
月季花 げっきか「庚申薔薇」
花の弟(答)はなのおとと
此の花(答)このはな
末摘花 すえつむはな「紅花」
隠逸花(答)いんいつか
長春花 ちょうしゅんか「庚申薔薇」「金盞花」
迎春花 げいしゅんか「黄梅」
断腸花 だんちょうか「秋海棠」
47%

111wyKRruo
一問多答
次のうち、「梅」の異名として使われる言葉を全て選びなさい
花の兄(答)
好文木(答)こうぶんぼく
初名草(答)はつなぐさ
花の弟 菊
雪割草 ユキワリソウ
引用元:「梅の花びら」5枚 「黄梅の雨」梅雨 梅の異名「初名草」「好文木」「花の兄」 http://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/10009/

150VIGfZvP
次のうち、文人画の画題
「四愛」で、題材となる
植物を全て選びなさい
蓮(答)


菊(答)
梅(答)
蘭(答)

タイピング
古くから画題となった「四君子」と呼ばれる植物を1つ答えなさい




引用元:四愛(しあい)「菊」「蓮」「梅」「蘭」 四君子「蘭」「菊」「梅」「竹」 http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/19781/

017TTrXXCV
巫女研修を受けた女性タレント
6人によるアイドルユニットです
木花咲耶
このはなさくや(答)
引用元:このはなさくや「木花咲耶」巫女風アイドル http://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/28410/

CIMG0418yCdtMbajORqn
次のうち
「梅雨(つゆ)」の意味で
用いる言葉はどれ?
紅梅の雨
青梅の雨
黒梅の雨
黄梅の雨(答)
白梅の雨
引用元:「催花雨(さいかう)」開花を促す春の雨 「黄梅の雨」梅雨 梅の実が熟する頃の雨 http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/3123/

011lhpFOZplyg
別名を「ヨウラクソウ」と
いう花の美しい植物
秋海棠
シュウカイドウ
引用元:「秋海棠」シュウカイドウ 秋の「海棠」(海外からの梨) 「瓔珞(ようらく・荘厳具)草」 http://seethefun.net/%E7%90%86%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/7298/

最もよく知られた日本文化論といえばR・ベネディクトの『菊と刀』、フランスの海軍士官、P・ロティが日本を舞台に書いた小説は『お菊さん』。外国人が日本をイメージするとき、まず思い浮かべる花は桜とならんで菊のようだが、それは菊が天皇家の紋章になっているためもあるだろう。十六弁の八重菊を皇室の紋章に加えたのは後鳥羽院で、そういえば彼の寵愛を受けた白拍子の名は亀菊。ただ十六弁が皇室、十四弁の裏菊は宮家と規定されたのは明治二年で、これを天皇家や宮家以外が使用することを禁じたのは明治四年である。

しかし菊の原産地は中国で、唐代かそれより少し前に交雑してできた雑種が現在の菊に到っていると考えられ、奈良朝に日本にもたらされた。漢詩では「懐風藻」からすでに見えるが、「万葉集」には菊を詠んだ歌は一首もない。またキクは字音であって訓読みはない(フジバカマ、カラヨモギ、カハラヨモギなどと読みかえた例外はある)。 中国から渡ってきたときの菊のイメージは、不老長寿の思想と強く結びついていた。神仙思想では菊は強い不老長寿の力がある霊薬と信じられ、たとえば後漢末の『風俗通義』には河南省南陽の甘谷(かんこく)の水には菊の滋液が含まれていて、その谷に住む人々は皆、長生きで、七、八十歳で死んだ人は若死と呼ばれたという話が載っている。この話は能の「菊慈童」「枕慈童」の原典となり、「水辺の菊」という絵のモチーフにもなっていく。

>早々と芽を出しながら最も遅れて花を咲かせる菊は、謙譲の美徳、君子の徳を表わし、薫香を秘めてひっそり咲くさまは、貞潔な心、孤高の意志の象徴ともなり、「隠君子」「千代見草」「契草」「翁草」「大般若」「草の主」「百夜草」「花裏の仙」などの異名が非常に多い。
引用元:菊(きく) | 季節のことば http://japanknowledge.com/articles/kkotoba/34.html

キク(菊)は、キク科キク属の植物。ここでは、狭義のキク(イエギク、栽培ギク)について詳述する。
日本で観賞用多年草植物として発展した品種群を和菊、西ヨーロッパで育種されて生まれた品種群を洋菊と呼ぶ[1]。

異称[編集]
隠逸花(いんいつか)‐ 菊の異称。周敦頤の愛蓮説の一文「菊、花之隠逸者也」から。
陰君子(いんくんし)‐ 隠遁する有徳の人の意。菊の異称でもある。
星見草(ほしみぐさ)‐ 菊の異称。
霜見草(しもみぐさ)‐ 菊(特に寒菊)の異称。
千代見草(ちよみぐさ)‐ 菊、松の異称。
引用元:キク – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%82%AF

はな‐の‐おとと【花の▽弟】

《多くの花に遅れて咲くところから》菊のこと。
「百草(ももくさ)の―となりぬれば八重八重にのみ見ゆる白菊」〈夫木・一四〉
引用元:花の弟(ハナノオトト)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E8%8A%B1%E3%81%AE%E5%BC%9F-603630

この‐はな【×此の花】
1 《「古今集」仮名序に見える歌「難波津に咲くやこの花冬ごもり今は春べと咲くやこの花」から》梅の花の別名。
2 《元稹(げんしん)「菊花」詩「是の花の中偏(ひとえ)に菊を愛するにあらず、此の花開(さ)きて尽くれば更に花無し」から》菊の花の別名。
3 親王の異称。
4 《江戸時代の酒の銘柄から》酒の異称。
引用元:此の花(コノハナ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E6%AD%A4%E3%81%AE%E8%8A%B1-503606

こ‐の‐はな【木の花】

木に咲く花。特に、桜の花や梅の花。
引用元:木の花(コノハナ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E6%9C%A8%E3%81%AE%E8%8A%B1-503605

いんいつ‐か〔‐クワ〕【隠逸花】
《周敦頤(しゅうとんい)「愛蓮説」から》菊のこと。
引用元:隠逸花(インイツカ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E9%9A%A0%E9%80%B8%E8%8A%B1-437125