李良枝『由熙』 瀧澤美恵子『ネコババのいる町で』加藤幸子『夢の壁』


次の1980年代の
芥川賞受賞者と受賞作品の
正しい組み合わせを選びなさい
李良枝───由熙
瀧澤美恵子───ネコババのいる町で
加藤幸子───夢の壁

李 良枝(イ・ヤンジ、이양지、1955年(昭和30年)3月15日 – 1992年(平成4年)5月22日)は、在日韓国人二世の小説家。帰化後の本名は田中淑枝。

生涯[編集]
山梨県南都留郡西桂町生まれ。小学生のときに両親が日本国籍を取得したので、同時に彼女も国籍は日本となった。山梨県富士吉田市下吉田の山梨県立吉田高等学校から1973年(昭和48年)に京都府立鴨沂高等学校に編入する。1975年(昭和50年)に早稲田大学社会科学部に入学するが、1学期で中退する。

1980年(昭和55年)5月にははじめて大韓民国を訪れ、以後は韓国への往来を繰り返し、巫俗舞踊(ムソク)や伽耶琴(カヤグム)、語り歌(パンソリ)などの影響を受ける。1982年(昭和57年)にはソウル大学校国語国文学科へ入学し、留学中に書き上げた「ナビ・タリョン(나비타령)」を『群像』に発表し、第88回芥川賞候補となる。また、「かずきめ」(1983年)、「刻」(1984年)もそれぞれ候補作となる。

1988年(昭和63年)にはソウル大学を卒業する。卒業論文のテーマは「パリコンジュ(捨て姫)とつながりの世界」。1989年(昭和64年/平成元年)には『由熙』(ユヒ、유희)で第100回芥川賞を受賞。韓国女性の視点から、在日韓国人の若い女性が、自らのルーツを尋ねて韓国に留学するが、韓国語ができず、自分のアイデンティティを求めてもがき苦しむ姿を描いた作品である。梨花女子大学舞踊科大学院修士課程に学びつつ、1992年には長編「石の聲」の執筆を手がける一方で、妹の四ヶ国語情報誌『we’re』の創刊を手伝っていたが、5月22日に急性肺炎を罹患し、ウイルス性の心筋炎を併発してまもなく死去した。享年37。
引用元:李良枝 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E8%89%AF%E6%9E%9D

由煕 ナビ・タリョン
講談社文芸文庫
ユヒ/ナビ・タリョン
著:李 良枝 解説:渡辺 直己

在日朝鮮人として生まれた著者の、37歳で夭逝した魂の記録。差別と偏見の苦しい青春時代を越えて、生国日本と母国韓国との狭間に言葉を通してのアイデンティティを探し求めてひたすらに生きた短い一生の鮮烈な作品群。芥川賞受賞の「由熙」、そして全作品を象徴するかのような処女作「ナビ・タリョン」(嘆きの蝶)、「かずきめ」「あにごぜ」を収録、人生の真実を表現。
引用元:『由煕 ナビ・タリョン』(李 良枝,渡辺 直己):講談社文芸文庫|講談社BOOK倶楽部 http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784061975842

瀧澤 美恵子(たきざわ みえこ、1939年3月1日 – )は、日本の小説家。

略歴[編集]
新潟県中蒲原郡村松町出身。旧本名・岡村美枝子。新潟県立村松高等学校卒業、1960年東京外国語大学外国語学部中国語学科中退。1961年日産汽船入社、1964年マーシュ・アンド・マクレナン勤務。1980年滝澤淳と結婚。81年退社し専業主婦となる。1987年朝日カルチャーセンターの駒田信二の小説教室に入る。1989年「ネコババのいる町で」で第69回文學界新人賞受賞。1990年「ネコババのいる町で」で第102回芥川龍之介賞受賞[1]。
引用元:瀧澤美恵子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%80%A7%E6%BE%A4%E7%BE%8E%E6%81%B5%E5%AD%90

ネコババのいる町で
瀧澤美恵子

聞くことはできるが話すことのできない帰国子女の少女期から結婚までの間に見たさまざまな人間模様を描く芥川賞受賞の表題作を始め、気鋭の女流が描く清新な短篇全三作。(藤田昌司)
引用元:文春文庫『ネコババのいる町で』瀧澤美恵子 | 文庫 – 文藝春秋BOOKS http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167172039

加藤 幸子(かとう ゆきこ、1936年9月26日 – )は、日本の作家。劇作家の加藤道夫の姪。鉱床学者加藤武夫の孫。

農林技師の子として、父の勤務先であった北海道札幌市に生まれる。両親ともに東京の出身[1]。5歳から11歳までを北京で過ごし[2]、戦後日本に引き揚げた後は東京都世田谷区の祖父宅で育つ。高校2年の時、同居していた叔父加藤道夫が自殺して大きな衝撃を受ける。北海道大学農学部卒業後、農林省農業技術研究所・日本自然保護協会勤務を経て、1972~89年自然観察会代表。1982年、「野餓鬼のいた村」で新潮新人賞受賞、続いて1982年下半期(1983年1月)、「夢の壁」で芥川賞受賞。1991年、『尾崎翠の感覚世界』で芸術選奨文部大臣賞受賞、2002年、『長江』で毎日芸術賞受賞。自然と人間の共生を主要なテーマとする。2013年には未知谷より『加藤幸子自選作品集』全5巻が刊行された。日本野鳥の会会員。
引用元:加藤幸子 (作家) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E8%97%A4%E5%B9%B8%E5%AD%90_(%E4%BD%9C%E5%AE%B6)

夢の壁
加藤幸子/著

終戦前後、少女期を北京で過ごした佐智が見たことは、少女の心をひとまわり大きくした――戦争で母親を亡くした悲しみを背負いこむ中国人の少年と佐智との無垢な心の交流を描いた芥川賞受賞の「夢の壁」と、国民学校が消滅した夏の一日、SH学院の利発な少女・宋梅里との友情、両親と共に日本に帰る1947年の船中の出来事など、佐智の目と心を通して活写する「北京海棠の街」を収録。
引用元:加藤幸子 『夢の壁』 | 新潮社 http://www.shinchosha.co.jp/book/865136/