「虎猫」イッパイアッテナ



斉藤洋の小説『ルドルフと
イッパイアッテナ』に登場する
ルドルフは黒猫ですが

イッパイアッテナは
どんな種類の猫?
白猫
虎猫(答)
黒猫
三毛猫
34%

CIMG6611
2012年に放送されたTVドラマ
『三毛猫ホームズの推理』で
三毛猫の化身を演じたタレントは
ミッツ・マングローブである
×(答)
◯マツコ・デラックス
引用元:辻真先『迷犬ルパンの大活劇』『迷犬ルパンの挑戦』『迷犬ルパンの幽霊海峡』片山刑事 http://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/23784/

『ルドルフとイッパイアッテナ』は、斉藤洋の児童文学作品。1986年度の講談社児童文学新人賞入選作で、1987年に講談社から出版された。挿絵は杉浦範茂。以降、シリーズ作品が全4冊刊行された。
1991年にNHK教育テレビ『母と子のテレビ絵本』で堀口忠彦の絵、毒蝮三太夫の語りで放映され、2016年に劇場アニメ作品が制作された。

ひょんな事から岐阜から東京の江戸川へ行った猫のルドルフは、教養のある猫イッパイアッテナに出会い意気投合する。イッパイアッテナはルドルフを岐阜に帰らせる方法を模索しつつ、ルドルフに字の読み書きを教える。ルドルフは飼い猫ブッチーに出会い、岐阜へ帰る方法を発見するが、岐阜へ出発する前日にブルドッグのデビルと喧嘩してイッパイアッテナが重傷を負う。
キャラクター[編集]
ルドルフ
主人公の黒猫。小学生のリエちゃんに飼われていたが、魚屋から逃げる途中でトラックに誤って乗り、魚屋の攻撃で気絶して、東京の江戸川まで来た。イッパイアッテナと出会い世話になりながら、リエちゃんの元に帰る方法を模索する。
自分の町の名前を知らず、帰る方法も分からずにいたが、甲子園に出場した「県立岐阜商業高校」の地元紹介で岐阜市の映像がテレビに流れ、自分がいた場所が岐阜市であると知った。
イッパイアッテナに習い、小学校に忍び込み文字の読み書きを学ぶ。名前の由来はハプスブルク家のルドルフ1世。
イッパイアッテナ
ルドルフが東京で出会った虎猫。以前は飼い猫だったが、飼い主の日野さんがアメリカへ引っ越して野良猫になる。現在は神社に住みながら様々な人間から餌をもらって生きている。
元の飼い主が面白がって教えたため、日本語の読み書きができる。
飼い猫だった時の呼び名は「タイガー」だが、野良猫になってからは、猫達は「ステトラ」、警察官は「ドロ」、魚屋は「デカ」、学校の給食室のおばさん・クマ先生は「ボス」、おばあちゃんは「トラ」と様々な名前で呼ばれており、初対面のルドルフに「俺の名前はいっぱいあってな……」と語り「イッパイアッテナ」という名前と勘違いされ、以後ルドルフから呼ばれる。
引用元:ルドルフとイッパイアッテナ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95%E3%81%A8%E3%82%A4%E3%83%83%E3%83%91%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%8A

トラネコ(虎猫)とは、トラのような縞模様を持つネコのことである。タビー(tabby)とも呼ばれる。トラ猫はストライプの他に、縞模様が途切れて、斑模様、薔薇班、細かく縞模様を途切れさせてたもの等があり、多様である。
殆どのトラ猫には、額に”M”のようなマーキングが見られる。
体毛の色により、次の様に呼び分けられる。
虎猫(トラネコ)(黄&赤茶) – 茶虎猫、赤猫ともいわれる。レッドマッカレルタビー。遺伝的にオスが生まれる確率が高めらしい。
雉猫(キジネコ)(焦げ茶&黒) – キジの雌に色や柄が似ているためにそう呼ばれる。ブラウンマッカレルタビー。毛色には緑がかった色合いのものもあり、それらは地方によってはヨモギネコとも呼ばれることもある。比較的、イエネコの中では一番見かける毛色である。
鯖猫(サバネコ)(灰&黒) – サバのような青みがかった縞。地方によっては藤猫(フジネコ)ともいわれる。シルバーマッカレルタビー。
引用元:トラネコ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%8D%E3%82%B3